平凡社 世界大百科事典

シャリーア

〈イスラム法〉〈聖法〉ともいう。この語は元来,〈水場に至る道〉を意味した。コーランには,語根sh-r-`の動詞・名詞形合わせて4例(5:48,42:13・21,45:18)あるが,そこでは人間には従うべき〈道〉があり,それは人間の思惑や思いつきではなく,神が啓示し〈定めた〉真理として用いられている。人間はただそれを受け入れ,それに服従することによって救いに至るのである。シャリーアとは〈人間の正しい生き方〉の具体的表現にほかならない。ただイスラムでは,それは人間の理性や思惑ではなく,神の啓示によってのみ知られるとされる。イスラムにおいて正しく生きるとは,神に服従し従順であることを意味する。

 人間はいかなる時,いかなる場合でも,正しく考え,正しく行動しなければならないとすれば,神の正義は少なくとも理念的には人間生活の全分野に妥当するものでなければならない。事実,シャリーアは個々のムスリムの〈宗教的〉生活のみならず,〈現世的〉〈世俗的〉生活をも具体的に規制するものである。その内容は,浄め,懺悔,礼拝,ザカート,断食,巡礼,葬制などにかかわる〈儀礼的規範(イバーダート)〉から,婚姻,離婚,親子関係,相続,奴隷と自由人,契約,売買,誓言,証言,ワクフ(寄進財産),訴訟,裁判,非ムスリムの権利と義務,犯罪と刑罰,戦争などの公・私両法にわたる〈法的規範(ムアーマラート)〉をも含む。そのようなものとして,シャリーアはまた特殊な人に限定されるのではなくて,未成年や禁治産者などを除いて,原則として共同体の成員すべてに等しく適用される規範である。イスラム共同体(ウンマ)とは,このシャリーアの理念の地上的表現として意味をもつ。

 このようにシャリーアは実定法的側面を含むとはいえ,本質的には信仰者の当然従うべきものとしての道徳的義務論である。とはいえ,現実の共同体の秩序維持のためにその一部は実定法として強制される。イスラムの政治への志向は,シャリーアのこの実定法的性格とその包括性に由来する。それだけにシャリーアの実際的適用は決して一律ではなく,現実に機能していたのは家族法的側面に限定されていたともいわれる。

 シャリーアは神の命令の具体的体系的表現として絶対不変であるが,他方ではそれは人間が解釈したものとして歴史的であり,それが古典的な形で成立するまでには2世紀を要した。法解釈の方法論として,コーランを補うものとしてシーア派にはこれとは別の学派がある。

中村 廣治郎 シャリーア体系化後の新しい事態に対処するため,世俗法(カーヌーン)が定められ,またアーダもシャリーアを補完する慣習法として広く用いられた。19世紀以降,民法・刑法などヨーロッパの法体系が強い影響力をもって適用され,またヨーロッパにならった基本法としての憲法(ドゥストゥールdustūr)が制定されたりするようになると,シャリーアの絶対性・完結性の理念はいたく傷つけられた。現代においてシャリーアの実施への要求が,あらためて尖鋭な政治的争点とされる局面もみられるようになっている。
板垣 雄三+佐藤 次高