平凡社 世界大百科事典

ショック

ショックという言葉は,〈ショッキングな事件〉〈オイル・ショック〉など,日常生活でも広く用いられ,親しまれているが,医学的にはまだ未知の部分が多く,その治療についても多くの課題が残されている分野である。ショックの医学的な定義は,一言でいうと急性循環不全のことで,〈組織の血液の流れが悪くなって全身の必要酸素量が不足し,脳,心臓,肺,肝臓,腎臓など重要な臓器の機能が低下した状態〉といえる。ショックに至る原因として,古くから四つの要因が挙げられている。第1は循環血液量(体重kgの約1/12l)が急激に減少したため,組織の血流が悪くなるもので,たとえば出血,激しい下痢,火傷等で大量の体液が体外に流れ出たときなどにみられる。第2は心原性ショックといわれるもので,心臓はいわばポンプであるから,ポンプの異常のため送り出す血液量(心拍出量)が減少すれば組織の血流も障害される。心原性ショックとはこのポンプ機能に変調をきたしたもので,心筋梗塞(こうそく)でポンプの本体である心筋が大量に壊死に陥り,動きが悪くなったり,リズムに狂いを生ずる(不整脈)と,心拍出量は減少する。また心タンポナーデ(心囊内に大量の液体がたまって,心臓を外側から圧迫する状態)では,ポンプの容量が低下するためにポンプ内に血液が入りにくくなり,同時に外側からおさえつけられるので,動きにくくなって心拍出量は減少する。第3は重い感染を起こしたとき,たとえば敗血症等でみられるものであるが,敗血症からショックに移行する詳細な要因についてはまだよくわかっていない。重い感染症では,普通はショックになる前にすでに重要な臓器の働きに変化がきている場合が多く,糖尿病,肝硬変,癌の末期,栄養状態の悪いときなどにショックになりやすい。細菌によってはある種の毒素(エンドトキシン)を出し,この毒素によって細胞の壊死,出血,血管の収縮等の急激な全身性障害をきたすことがある。第4は血管壁の緊張が低下するため,循環血液が多量に末梢血管内にたまり,全体として循環する血液量が減少するもので,たとえば脊髄の損傷,脊椎麻酔のときなどにみられる。そのほか,起立性低血圧(いわゆる立ちくらみ)は,神経循環無力症という体質に基づくショック近縁状態のことがあり,強い恐怖等の精神作用が原因で失神する精神性ショック,上腹部を強打されたときに反射的に意識を消失する神経性ショック等もあるが,これらは生命に直接危険を及ぼすことはまれである。

 ショックの程度を表す最も良い基準は,心拍出量,末梢の血管抵抗,心機能の変化であるが,これらを簡単に知る目安としてはまず動脈血圧の低下があり,脈拍は弱く,速く,皮膚は蒼白で冷たく,冷汗をかき,また脳の循環不全の結果意識状態も正常ではなくなって,落着きがなくなり,あるいは失神する。また全身の循環不全であるから,先に述べたような生命の維持に必要な重要臓器の循環が悪くなるため,時間の経過とともに心不全,呼吸不全,肝不全,腎不全が進み,治療が遅れると各臓器不全のために死亡する。

治療

治療は原因によって異なるが,できるだけ早期に始めることがたいせつであり,まずショックを改善しながらその原因の治療に当たる。出血が原因であれば第1に輸血を行う。循環血液量の30%が急速に失われればショックになるから,出血量に相当した量の血液を直ちに補いながら止血する。激しい下痢が続いているときにはペースメーカーを用いる。感染が原因であれば,抗生物質を用いて感染菌を処理し,感染源が除きうるものであればこれを除去する。末梢血管の緊張が低下した場合には,血管収縮剤を使用する。いずれにしても,ある時期を過ぎて治療を行ったのではショックから回復できず,早期治療がきわめて重要である。

長谷川 嗣夫

ショック死

外的刺激によって生じたショック状態のもとに死亡することで,その原因により精神性,神経性,出血性,過敏症,中毒性,その他のショック死に大別される。精神性ショック死は,突発的な強い精神的衝撃,すなわち,暗やみで突然に声をかけられたり,近所で大爆発があったり,強い地震があった際などに,びっくりして死亡するものである。神経性ショック死は,〈急所〉といわれる頸部,みぞおち,睾丸,妊娠時の女性性器が外力により圧迫されたり打撲された際や,突然に高温や低温にさらされた際や,外傷や火傷で強い疼痛を生じた際や,胸膜や腹膜が機械的に刺激された際などに,ショックを起こして死亡するものである。出血性ショック死は失血死といわれるもので,外傷や大動脈瘤などの破裂で急激に,あるいは徐々に多量の出血が起こった際にみられる。過敏症ショック死はジフテリア血清や破傷風血清を2度目に注射された際や,ペニシリンなどの抗生物質,局所麻酔剤,ピリン系などの解熱鎮痛剤を注射されたり,服用した際や,ハチなどに刺された際などにショックを起こして死亡するもので,薬物によるショック死は薬物ショック死ともいわれる。中毒性ショック死は薬・毒物による中毒の際や,ジフテリアや破傷風に感染したり,敗血症の場合の細菌毒素による中毒の際や,マムシ,ハブなどの毒ヘビにかまれた際にみられるショック死である。

 その他のショック死としては外傷性ショック死,麻酔ショック死,手術ショック死,分娩ショック死,火傷ショック死といわれるものなどがある。外傷性ショック死のうち,受傷直後にショックによって死亡するものはほとんど疼痛などによる神経性ショック死であるが,交通事故やけんかや幼児虐待の場合に,全身に負傷し,数時間から1日でショックを起こして死亡するものがある。このうち,広範に筋肉が挫滅されて生じるものは挫滅症候群といわれる。麻酔ショック死は麻酔剤によって循環や呼吸の中枢あるいは末梢神経が麻痺して,ショック死するものである。手術ショック死は術中あるいは術後にショックにより死亡するもので,神経性ショック,出血性ショック,麻酔ショックなどが原因となっている。分娩ショック死は難産の分娩直後にみられるもので,手術ショックと同様な原因や精神性ショックによって死亡するものと考えられている。火傷ショック死のうち,火傷直後にショック死するのは,火傷に伴う疼痛による神経性ショックであり,数時間以上経過してショック死する場合は,火傷による二次的な障害によるものである。

 一般に,ショック死は精神的に興奮しやすい人,神経過敏な人,アレルギー体質や薬物に異常反応を示す特異体質などの体質異常のある人,心臓血管系,肝臓,腎臓,副腎機能に異常のある人,過労,睡眠不足,飲酒,精神不安など体調が正常でない人に起こりやすいとされている。

小嶋 亨