平凡社 世界大百科事典

トンブクトゥ

西アフリカ内陸,現在のマリ共和国中部に14~16世紀を最盛期として栄えた交易都市。トンブクトゥは初め,サハラ砂漠のラクダの遊牧民トゥアレグ族の宿営地だったといわれる。ガーナ王国のあと,その東のニジェール川大湾曲部に栄えたタガザからラクダのキャラバンで運ばれてくる岩塩は,トンブクトゥを経由してニジェール川を舟でさかのぼり,セネガル川上流の黒人の国で金と交換され,金はまたトンブクトゥを経由して,ラクダのキャラバンで大量に北アフリカへ運ばれていった。トンブクトゥを中心としたこの塩金交易は,マリ帝国の繁栄の基礎となった。

 黄金の帝国マリ,その象徴としての交易都市トンブクトゥのうわさは,伝説化して地中海世界に伝えられ,イスラムを経て間接にしか情報を得ることができなかったキリスト教世界の人々にとって,幻想にまで肥大していった。15世紀末から16世紀末まで,マリ帝国に代わってニジェール川大湾曲部を支配し,さらに版図を広げたウラマー)も招かれて,いくつものモスクや大学や100を超すコーラン学校がつくられ,商業都市としてだけでなく,宗教・学芸都市としても,トンブクトゥは有名になった。おそらく14世紀初めに建てられ,その後たびたび改築されたジンガリベリ(大モスク)は,現在まで残っているこの町で最古のモスクである。その他,14~15世紀の建立以来何度かの改修や再建を経て現在見ることのできるものに,サンコーレ,シディ・ヤハヤなどのモスクがある。

 マリ帝国,ソンガイ帝国の時代を通じて,都市として長い生命を保ったトンブクトゥは,一度も政治上の王都となったことがない。イスラム教徒である商人に信任されたカディ(法官)が司法・行政権ももち,帝国の王から派遣された代官はいたが,町は大幅な自治を享受していた。

 16世紀末,サハラの塩床をめぐる紛争がもとでサード朝モロッコの攻撃を受けてソンガイ帝国が崩壊したのちは,トンブクトゥはかつての繁栄を取り戻すことはなかった。黄金幻想につき動かされて,何人ものヨーロッパ人探検家がこの町に到達しようとして命を落とした。1828年ようやくこの町に到達して生還した初めてのヨーロッパ人となったフランスのカイエが見たのは,すでに荒廃した泥の町にすぎなかった。

 現在はマリ共和国の一地方行政都市(人口約1万)であり,外国人観光客も多い。サハラの塩床タウデニから,岩塩をラクダのキャラバンで運んできて,南のサバンナ地帯の社会に売るムーア(モール)人のほか,フルベ,トゥアレグ,ソンガイ,ベラなどの諸族が,牧畜,農業,商業,工芸製作などを行っている。

川田 順造