平凡社 世界大百科事典

ドンソン

ベトナム北部,タンホアの北4km,ソンマ川右岸の支流ハムロン川岸の遺跡。1924-30年にフランス人パジョL.Pajotが調査し,ゴルーベフV.Goloubevがその資料をもとに研究,紹介した。その後,ヤンセO.Janseが3次にわたる発掘調査を行い,大部の報告書を公刊した。遺構としては銅鼓をもつ土坑墓や杭上住居址などが発見され,遺物には青銅器,鉄器,石器がともに見られた。鏡や貨幣などには中国のものがあり,時代的には戦国時代から後漢に及んでいる。土器には縄蓆(じようせき)文と印文のものがある。それらからみて,この遺跡は紀元前後の数世紀にわたるものと考えられ,この地の初期金属器時代を代表する遺跡である。

 この時期の調査された遺跡が少なかったこともあって,ドンソンの名は東南アジア全体にわたる青銅器~鉄器時代初期の文化に冠せられ,〈ドンソン文化〉と称せられることになった。その特徴を示すものとしては,青銅器類,特にF.ヘーゲルの編年による第Ⅰ型式(最古の型式)の銅鼓やハイネ・ゲルデルンの民族移動説以来,諸説あい乱れていまだ決着はついておらず,したがってその年代観もさまざまである。

重松 和男