平凡社 世界大百科事典

ヌビア

エジプト南部からスーダン北部にかけてのナイル川流域の地名。一般的にアスワンの第1急湍(たん)から南の第4急湍付近までをさす。アラビア語ではヌーバNūba。黄金や木材の産地として,アフリカ奥地からの貢納品の中継地として,また多くの傭兵を徴用する地として,古代からエジプトにとって経済的にも軍事的にも重要な地域であった。下流のエジプト領の下ヌビア(古代名ワワト)と上流のスーダン領の上ヌビア(古代名クシュ。ギリシア人の呼称はアイティオピア)とに分けられる。アスワン・ハイ・ダムの建設により,下ヌビアの全域と上ヌビアの一部が水没してしまうため,1960年にユネスコが呼びかけたヌビア水没遺跡救済のキャンペーンに対し,20ヵ国以上が協力し,約30の調査隊が組織された。またアブ・シンベル神殿,カラブシャ神殿,フィラエ島イシス神殿など水没地の多くの遺構が移築された。

 この地には前期旧石器時代から連続して人類の活動の跡が見られる。新石器時代からエジプト初期王朝時代にかけての文化をAグループ文化と呼ぶ。エジプト古王国時代になると組織的な交易がおこなわれ,第1急湍南までエジプトの支配を受けた。前2000年頃エジプト文化の影響を受け,Cグループ文化と呼ばれるヌビア独自の文化がおこった。エジプト中王国時代には第2急湍南までが,そして新王国時代には第4急湍までがエジプトの支配下に置かれ,各地に拠点として要塞が築かれた。前8世紀中頃,上ヌビアのウクバ・ブン・ナーフィーの率いた遠征では成果をあげず撤退したが,651年アブド・アッラーフ・ブン・サード`Abd Allāh b.Sa`dによる遠征はムカッラ王国の都ドンゴラまで侵入し,毎年365人の奴隷の貢納を約束させた。この後,ウマイヤ朝やアッバース朝の時代にも,ときおり遠征軍が送られたが,それはしばしば履行されなかった奴隷貢納を強制することと同時に,下ヌビアのアラーキーの金鉱支配を目的としていた。

近藤 二郎

 この不完全な従属関係はファーティマ朝まで維持されたが,アイユーブ朝のサラーフ・アッディーンによる遠征軍派遣(1172)以後ヌビア支配政策が積極化した。マムルーク朝のスルタン,バイバルス1世(在位1260-77)とカラーウーン(在位1279-90)による遠征軍派遣は,ムカッラ王国の衰退をいっそう早め,1316・17年ついにイスラム教徒の王アブド・アッラーフ・ブン・サンブが即位するに及び,マムルーク朝の属領となった。この軍事的征服は,アラブの移住と相まってアラブ化とイスラム化を促進させた。アラブ軍による遠征の初期には,アラブの移住は進まなかったが,9世紀後半トゥールーン朝時代,上エジプトのアスワン(下ヌビア国境)付近にラビーア族やジュハイナ族などが住みつき,しだいにヌビア人とも混血,アラブ・ヌビア系のバヌー・カンズ族のような土着勢力が出現し,14世紀以後下ヌビアを支配した。また,1258年のモンゴル軍によるバグダード征服の難を逃れたアラブの移住も多かった。

 上ヌビアのアルワのアラブ化とイスラム化は,下ヌビアよりも遅れていた。しかし,16世紀スーダン地方からイスラム教徒の黒人フンジ族が侵入し,その支配下に入ってからイスラム化と黒人化が促進されたが,下ヌビアは1517年セリム1世に征服されてオスマン帝国の支配下に入ったため,両ヌビアは政治的・民族的にいっそう分離するようになった。オスマン帝国治下の16~19世紀,アラブ化したヌビア人の中には,傭兵,奴隷商人,ナイル川の船夫として活躍する者もいた。

 19世紀以降は,スーダンとともにエジプトのムハンマド・アリー朝の支配下に入り,1899年のイギリス・エジプト協定によって,ヌビアは現在のように南北に分断されることになった。

私市 正年