平凡社 世界大百科事典

バソプレシン

抗利尿ホルモン(ADH)とも呼ばれ,尿量を調節する作用(抗利尿作用)をもつ脳下垂体後葉ホルモンの一つ。オキシトシンと同様,9個のアミノ酸からなる環状ペプチドで,ヒトをはじめ大部分の哺乳類では8番目のアミノ酸がアルギニンでアルギニン・バソプレシンといい,ブタなどではリジンでリジン・バソプレシンという。脳の視床下部の神経細胞で合成されたバソプレシンは,神経繊維を通って脳下垂体後葉に運ばれて貯蔵され,血液の浸透圧のわずかな変化や血液量の減少などの刺激に応じて,血液中に分泌される。

 バソプレシンは,平滑筋に作用して収縮させるので,毛細血管,細動脈では血圧上昇,心臓では冠状動脈収縮による心機能抑制,腸管収縮などの作用をもつが,生理的に重要な作用は抗利尿作用であり,これは,バソプレシンが腎臓(尿細管の集合管上皮細胞)にはたらいて,尿中に排出される水分の量,尿の濃さを調節することにより発揮される。体内の水分が過剰になり血漿浸透圧が低くなると,バソプレシンの分泌は抑えられ,尿はうすくなるとともに尿量は増加する。逆に,水分が不足し血漿浸透圧が上昇すると,バソプレシンが分泌され,尿は濃縮されて尿量は減少する。このようにバソプレシンは,体内の水分の量および浸透圧を一定にする役割をはたしている。タバコに含まれるニコチンはバソプレシンを分泌させ,アルコールは逆に分泌を抑えることがわかっている。脳腫瘍や手術により,バソプレシンの合成や分泌が障害されると尿崩症がおこる。

 バソプレシンは薬剤としては尿崩症の特効薬とされるが,一部のアミノ酸を入れかえた合成類似品も多い。効力持続のためには,タンニン酸・バソプレシン油性懸濁液が使われる。その他の臨床応用として,ショック時の昇圧の目的や,開腹手術後の麻痺腸管の蠕動(ぜんどう)促進がある。治療目的に応じて,昇圧と抗利尿の作用比を変えるためにさまざまな合成品が開発されている(たとえば昇圧剤の2-フェニルアラニン・リジン・バソプレシン)。すべて注射でのみ有効である。→脳下垂体

板橋 明+川田 純