平凡社 世界大百科事典

北伝仏教

チベット,中国,朝鮮,日本などに行われている仏教の総称。〈北伝仏教〉あるいは〈北方仏教〉,およびこれに対する〈南伝仏教〉または〈南方仏教〉という呼称は,もとはヨーロッパの仏教学者によって与えられたものである。近代学としての仏教学はインド学と重なって19世紀に始められたが,西欧の学者は,スリランカ(セイロン)で得たパーリ語で著された仏教典籍に基づく仏教を〈Southern Buddhism〉と呼び,ネパールで入手したサンスクリット(あるいは仏教梵語)で書かれた仏典に基づく仏教を〈Northern Buddhism〉と称した。さらにこれらを敷衍して,ミャンマー,タイ,ラオス,カンボジアなどの東南アジア諸国に行われている大乗仏教が行われているチベット,中国,朝鮮,日本などのインド以北の仏教を総称して〈北伝仏教〉(〈北方仏教〉)と呼ぶことになった。日本では,藤井宣正(せんしよう)の《仏教小史》(1896)に〈北方仏教〉の語が現れる。

 インドの仏教は古くから西域地方に伝えられていたが,紀元前後ごろ中国に伝えられ,仏典は盛んに漢訳された。中国古来の宗教とかかわりをもちつつ独自の中国仏教を開花させた。日本の仏教は朝鮮経由で伝えられたもので,神道とも交渉をもちつつ今日にいたっている。ベトナムの仏教も中国経由の大乗仏教である。また後期大乗仏教(密教)を継承したチベット仏教(ラマ教)は,モンゴル,満州にも及び,旧ソ連領内のブリヤート人やモンゴル人にも信仰されている。→南方仏教

阿部 慈園