平凡社 世界大百科事典

マスターズ(Edgar Lee Masters)

アメリカの詩人。カンザス州に生まれ,イリノイ州で育った。父の法律事務所で法律を勉強し弁護士を開業したが,独学で古典語を研究し,詩人となった。詩集としては1915年の《スプーン・リバー詞華集》(1916改訂版)が有名である。この詞華集は,中西部の架空の小さな町を背景にして,243名の死者がそれぞれの墓から,生前の生活の本質的な特徴を秘密も含めて語るという趣向になっている。これらのいわば墓碑銘が物語る主人公の中には,敬虔なキリスト教徒もいれば,無神論者や売春婦もいるといったぐあいで,それぞれの人生を,ときにリアリスティックな言葉で,またときに高度な隠喩を盛ったスタイルでつづりながら,人生の普遍的なさまざまな面を描き出している。しかし,シャーウッド・アンダーソンにも影響を与えたこの詩人も,この詞華集と《人間リンカン伝》(1931)を除いて,ほかの著作は失敗とみなされた。

徳永 暢三