平凡社 世界大百科事典

ロカルノ条約

1925年10月5日よりスイスのロカルノで,イギリス,フランス,ベルギー,ドイツ,イタリア,ポーランド,チェコスロバキア各代表が参加してヨーロッパの安全保障に関する国際会議が開催された。10月16日,最終議定書のほか,イギリス,フランス,ベルギー,ドイツ,イタリア5ヵ国のラインラントの現状維持に関する相互保障条約(いわゆるロカルノ条約,あるいはライン条約),ドイツとフランス,ベルギー,ポーランド,チェコスロバキアの各国との四つの仲裁裁判条約が仮調印され,12月1日,ロンドンで正式に調印された。

内容

相互に関連したこれら諸協定の中核は,10ヵ条よりなるライン条約である。これにより,締約国は個別的にも集団的にも,ラインラントの非武装化を含めてドイツ西部国境の現状維持を保障し,フランス,ドイツ,ベルギーは相互不可侵と紛争の平和的解決を約し,さらにイギリス,イタリアが保障国を引き受ける,という地域的集団安全保障の体制(いわゆるロカルノ体制)が成立した。ところがドイツの東部国境については,ドイツとポーランド,ドイツとチェコスロバキアの間の仲裁裁判条約以外には,現状維持の手段についての何らの取決めもなされず,ドイツによる国境改訂の余地を残していた。このアンバランスを補うために,10月25日,フランスはポーランド,チェコスロバキアのそれぞれと別個に相互援助条約を結んだが,イギリスの支持がえられなかったため,その効果は限られたものでしかなかった。なおライン条約は,ドイツの国際連盟加入をもって発効することになっていたが,ドイツは連盟の集団制裁に必ずしも参加しなくてよいという了解をとった。これはラパロ条約以来友好関係にあり,連盟に未加入のソ連にこの集団制裁が向けられるのを恐れたからである。翌26年4月の独ソ中立条約締結も同様の打算による。ドイツは26年9月に連盟に加入した。

背景と結果

ロカルノ会議は,1925年2月,ドイツのシュトレーゼマン外相がイギリスの斡旋をえてライン保障条約を提議したことに始まる。シュトレーゼマンの当面のねらいは,西側諸国の安全感の増大を通じて,ラインラントからの連合国軍の撤退を促進することであり,イギリスは,独仏関係の調停者となって国際的地位を改善するとともに,独ソ接近を阻止することを企図した。いずれにせよロカルノ体制は,前年のドーズ案と相まって,第1次戦後のヨーロッパの国際関係をようやく安定の軌道にのせることに成功した。ロカルノ条約は当時,〈ヨーロッパの和解〉〈新しい時代の始まり〉と称揚され,フランス(ブリアン),イギリス(J.A. チェンバレン),ドイツ(シュトレーゼマン)の3国外相には,1925年度のノーベル平和賞が贈られた。条約はいちおう無期限とされていたが,36年3月,ヒトラーはラインラントに兵を進め,これを破棄した。

平井 友義