平凡社 世界大百科事典

三体詩

中国,唐代の詩の選集。南宋の周弼(しゆうひつ)編。七言絶句,七言律詩,五言律詩の3形式(三体)に限り,167人の作品494首を収める。原名を《唐賢三体詩法》といい,作詩の教本として編集され,詩の構成や表現の特色などによって各形式を6~8,合計21類に分け(実接,虚接,前虚後実など),各類に解説を付する。それは宋代に詩論が盛んになったこと,また作詩が大衆化したことを示している。《唐詩選》が初唐・盛唐の詩を重んずるのに対し,許渾,杜牧など中唐・晩唐の詩を多く採る。元の僧円至と裴庾(はいゆ)の注を付した3巻本が普及したが,20巻本,清の高士奇注6巻本もある。日本でも室町時代以来広く愛読されて刊本の種類ははなはだ多く,注釈も五山の禅僧の講義録(抄物)を集成した《三体詩素隠抄》が江戸初期に出版され,その後,熊谷立閑《三体詩備考大成》,宇都宮遯菴《三体詩詳解》,明治になって野口寧斎の《三体詩評釈》などがある。

村上 哲見