平凡社 世界大百科事典

価格弾力性

人々が一定期間に購入(需要)したいと望む財の数量,あるいは販売(供給)したいと考える財の数量は,その財の価格に依存している。この財の価格の変化割合と,それによる数量の変化割合の関係を記述・測定するのが価格弾力性という概念である。A.クールノーやJ.S.ミルの著作の中にも同種の考えはみられるが,需要量の%変化(⊿q/q)を価格の%変化(⊿p/p)で除したものを〈弾力性elasticity〉と最初に名づけたのは弾力性

猪木 武徳