平凡社 世界大百科事典

修正主義

修正主義は,マルクス主義の中で異端とされたものを指す蔑称として用いられる。異端と呼ぶ以上,正統の存在が前提されているはずであるが,正統性の基準は不変ではなく,その変化に伴って異端とされる対象も変わってくる。したがって,修正主義の概念規定はあくまでも相対的なものでしかありえない。しばしば修正主義と同様の意味で用いられる〈改良主義〉についても,事情は同じである。

 最初に修正主義の烙印(らくいん)を押されたのは,19世紀末にマルクス主義に対して理論的批判を企てたドイツ社会民主党のベルンシュタインの主張であった。彼の《社会主義の諸前提と社会民主主義の任務》(1899)における問題提起,すなわち労働価値説および恐慌論への批判,窮乏化説および中間階級の両極分解説の否定,労働組合運動と議会主義による経済的・政治的民主主義推進の提唱は,当時のマルクス主義正統派の理論的・政策論的基盤であった資本主義の自動的崩壊論に対する批判を意味していたからである。こうした批判が生じるに至った背景には,世紀転換期における資本主義の新たな展開の下で露呈してきた大衆社会化状況と,労働組合の発展などに象徴される労働者階級の状態の変貌とを挙げることができよう。ベルンシュタインの主張に起因する〈修正主義論争〉は,1903年の社会民主党ドレスデン大会における修正主義断罪の決議で一応の終結をみる。しかし,K.カウツキーに代表される当時の正統派は,その後レーニンという新たな正統によって断罪され,さらに最近ではスターリン批判以後のソ連共産党が中国から〈現代修正主義〉として批判された時期もあった。日本で修正主義という言葉が流布されるようになったのは,1905年のロシア革命の影響を背景にした幸徳秋水らの直接行動派と田添鉄二らの議会政策派の論争にみられる社会主義者の分裂が発生したころであったとされる。

亀嶋 庸一