平凡社 世界大百科事典

偶蹄類

草食性まれに雑食性のひづめをもった哺乳類,すなわち有蹄類の1目で,ひづめの数がふつう2,または4個の偶数のため偶蹄目Artiodactylaと名付けられた。ほとんどのものがひづめだけを地に着けて歩く蹄行性で,多くは走るのに適した体制をもち,前腕骨と下腿骨は,それぞれ上腕骨と大腿骨よりも長い。前・後足の軸は,他の指より大きい第3指と第4指の間を通り,おもにこれらの指のひづめで体を支える。これにつれて中手骨と中足骨も第3と第4が大きく,進化したものでは合一して1本の長い管骨となる。鎖骨がなく,前肢はほとんど前後にしか動かない。後足のかかとにある距骨は,その上端と下端が滑車になっていて,脛骨(けいこつ)との関節だけでなく,その下の足根骨(楔状骨(せつじようこつ)と舟状骨の合一した楔舟骨)との関節も可動性である。このため脛骨と後足は他の哺乳類より強く屈曲でき,歩幅を大きくとることができる。大腿骨には奇蹄類における臀筋(でんきん)の付着部である第三転子がなく,臀筋は脛骨に付着する。踵骨(しようこつ)は腓骨(ひこつ)と関節する。上の切歯と第1前臼歯(ぜんきゆうし)が消失する傾向と,下の犬歯が切歯状に変わる傾向が見られ,胃が数室に分かれて食物を反芻(はんすう)するものが多い。盲腸と多くは胆囊がある。進化した類では眼下腺,指間腺,中足腺,鼠径(そけい)腺などの臭腺が発達し,雄は頭に骨質の角をもつなど二次性徴が顕著なことが多い。

 奇蹄類と同じく踝節(かせつ)目から降下したもので,新生代第三紀の始新世前期に北アメリカに現れた最古の偶蹄類,イノシシ亜目のパラエオドン類はまもなく衰えたが,始新世中期に現れた反芻亜目のものは奇蹄類を駆逐してしだいに栄えた。家畜のブタ,ラクダ,ラマ,アルパカ,トナカイ,ウシ,スイギュウ,ヤク,バンテン,ガヤル,ヒツジ,ヤギなどのほか,現生の野生種は211種知られ,南極大陸とオーストラリア区以外のほとんど世界中に分布する。次の2亜目10科がある。(1)イノシシ亜目 上の切歯はよく発達し,犬歯は大きくきば状,中手・中足骨は管骨を形成しない。胃には食道溝がなく,反芻をしない。四肢は比較的短く,早く走るのには適していない。角はなく精巣は鼠径位である。ウシ科(134種。アフリカ,ユーラシア,北アメリカ)。

今泉 吉典