平凡社 世界大百科事典

史的唯物論

マルクス主義の社会・歴史理論ないし社会・歴史哲学を表す用語。ただしマルクス本人はこの表現を一度も用いておらず,マルクス主義者たちのあいだにおいてもこの言葉の概念内容の規定に関して見解がかなり分かれている。マルクスは彼の思想体系とその部門分類の構案を明示的な形では表明していない。が,後継者たちにおいては,自然弁証法が成立し,人間界(社会・歴史の領域)に適用することによって史的唯物論が成立する,とするのが主潮である。この部門観と史的唯物論の位置づけに関しては,マルクス主義を党是とするに至ったドイツ社会民主党の理論的指導者カウツキーも,彼を背教者と断じたレーニンも共通しており,第二インター・マルクス主義と第三インター(コミンテルン)・マルクス主義とに共通する〈公式的〉見解である,と言うことができる。しかしながら,一歩たちいって内容を規定する段になると,論者に応じてかなりの差異がある。例えば,ロシア・マルクス主義の父と呼ばれるプレハーノフは,史的唯物論は〈学として現れうべき将来のあらゆる社会学に対するプロレゴーメナ〉であると規定し,社会哲学,ないし,社会諸科学・歴史諸科学に対する認識論的基礎部門として性格づける。これに対して,ボリシェビキきっての〈史的唯物論通〉と呼ばれたブハーリンは,〈史的唯物論はプロレタリア的社会学〉そのものであると規定し,哲学というよりもむしろ社会科学の次元に属するものと主張する。レーニンは,あるおりには〈史的唯物論がはじめて科学的社会学の可能性を創出した〉とプレハーノフに近い規定を与え,別のおりには史的唯物論を〈科学的社会学〉〈唯物論的社会学〉と呼んでブハーリンに近い規定を与えている。この一例からもわかるように,史的唯物論の学問的性格規定については意見が分かれ,見解が一致しない。

 史的唯物論は,その学問的性格をどのように規定するかをめぐって相当の幅が存在するにせよ,史的唯物論ないし唯物史観materialistische Geschichtsauffassung,materialistische Anschauung der Geschichteというさいの〈史Historie,Geschichte〉は,狭義の通時的歴史だけでなく,人間界の事象全般を視野に収めるものであり,したがって,そこには共時的構造も主題的与件として含まれる。このことを勘案して,とりあえず形式的に規定すれば,唯物史観ないし史的唯物論とは,社会的構造とその歴史的遷移に関する唯物論的な把握Auffassungの原理的部門ということになろう。論者たちは,マルクスが《経済学批判》(1859)の序文で与えている定式を〈唯物史観の公式〉と俗称し,これに拠って史的唯物論の大枠を表象するのを常とする。その〈公式〉の概要は以下のとおり。〈人々はその生の社会的生産において,一定の,必然的な,彼らの意思から独立な諸関係,すなわち,物質的生産諸力の一定の発展段階に照応する生産諸関係に入り込む。この生産諸関係の総体が社会の経済的構造,実在的な土台を成し,これのうえに法制的・政治的な上部構造がそびえたち,またそれ(土台)に一定の社会的意識諸形態が照応する。物質的生活の生産様式が,社会的・政治的・精神的な生活過程全般を制約する。人々の意識が彼らの存在を規定するのではなく,逆に,彼らの社会的存在が彼らの意識を規定するのである。社会の物質的生産諸力は,その一定の発展段階で,現存の生産諸関係と,ないしはこれの法律的な表現にすぎないのだが,それまで生産諸力がその内部で運動してきた財産所有諸関係と,矛盾におちいる。これらの諸関係が生産諸力の発展形式からその桎梏(しつこく)へと一変する。そのとき社会革命の時代がはじまる。経済的基盤の変化にともなって,巨大な上部構造全体が,徐々にせよ急激にせよ,覆る。……社会構成体は,それが生産諸力にとって十分の余地をもち,生産諸力がすべて発展しつくすまでは,決して没落するものではない。……おおづかみに言って,経済的社会構成体の進展的諸階梯として,アジア的,古代的,封建的,近代ブルジョア的生産諸様式を挙げることができる〉云々。

 この〈公式〉においては,生産関係Produktionsverhältnisを基礎概念としつつ,社会構成体を共時的には土台(下部構造)Basisとそのうえに建つ上部構造Überbauという構図で観じ,通時的には社会構成体Gesellschaftsformationの弁証法的飛躍による進展的progressivな階梯的遷移相で人類史がとらえられている。このさい注意すべきことは,マルクスは〈経済的構造が実在的土台を成し〉〈人々の社会的存在が彼らの意識を規定する〉とは言っているが,下部構造が上部構造を一義的に決定するとか,経済が人々の意識を一義的に決定するとか,このたぐいのことは言っていないことである。人々はしばしば唯物史観は〈経済決定論〉であるかのように誤解し,下部構造が〈一方的な原因〉であるかのように誤解しがちであるが,エンゲルスは次のように明言している。〈唯物史観によれば,歴史における究極的な規定契機は現実的な生の生産と再生産である〉〈それ以上のことは,マルクスも私もかつて主張したためしがない〉〈しかるに,もし経済的契機が“唯一の”規定契機だというようにねじまげられてしまうと,先の提題は無内容な空文句になってしまう〉〈経済的状態は土台ではあるが,上部構造のさまざまな契機が歴史的闘争の途上発展に影響を及ぼす〉(ブロッホあての書簡)。このほか,晩年のエンゲルスは一連の著作や書簡において,上部構造の下部構造に対する〈反作用〉や諸契機の〈相互作用〉を強調し,さらにはまた,決定論的な法則観そのものをも非弁証法的というかどで退けている。

 唯物史観ないし史的唯物論は,その体系的論述がカウツキーやブハーリンなど個々の理論家によっても試みられ,また,かつてのソ連や東ドイツの哲学教程の形でも試みられてきたが,いまだに理論体系として整備されるには至っていない。それどころか,先に見たマルクスの〈公式〉には登場しない原始無階級社会や将来の共産主義社会構成体の位置づけをめぐって,あるいはまた,人類史(社会構成体の遷移)が単線的であるか複線的でありうるかといった基幹的な問題をめぐってさえ,マルクス解釈ひいてはマルクス主義理論は見解の対立をはらんでいるのが現状である。しかし,ともあれ,史的唯物論は,マルクス主義の革命理論に世界観的な基礎づけを与え,歴史的展望を与えるものである。→マルクス主義

廣松 渉