平凡社 世界大百科事典

戦略・戦術

元来は軍事用語であり,戦略とは,目標または目的を効果的に達成するための大規模かつ長期的な方法で,戦争の総合的な準備,計画,運用の方法をいう。戦術とは,戦略により定められた構想に従って実際の作戦や戦闘などを効果的に行うための,戦略と比べ小規模かつ短期的な方法をいう。現在では,戦略,戦術の語は戦争以外にも広く闘争状況をもつものへ転用され,政治組織やさらには企業活動などの分野でも用いられるようになっている。

概史

古代からの軍事戦略にも見るべきものが多いが,近代的な戦略の研究が行われたのは18世紀以降である。戦略論の創始者として著名な人物に,19世紀初期から末期にかけて,ドイツのK.P.G.クラウゼウィツ,スイス人のA.H.ジョミニ,アメリカのA.T.マハン,ドイツのH.G.vonモルトケ,A.vonシュリーフェンらがあげられる。これらの人々は,戦争が武力のみで行われるものでないことは基本理念として当然持っていたが,当時の情勢から,武力戦の戦争における地位を重視して,軍事面を主として論述している。

 18世紀のフリードリヒ大王の時代は傭兵によっていたため,財政負担が大きく,兵力の損耗を極力避けなければならなかった。そのため,戦争においては,決戦をさけ,消耗戦略によってその目的を達成することにつとめた。18世紀末のフランス革命は,〈祖国は危機に瀕せり〉の檄に呼応した志願兵の愛国心に基づいて,初めて国民軍隊を生む契機となり,そのための軍制,とりわけ徴兵制度を創り出すこととなった。ナポレオンは画期的な大軍を編成し,糧を戦場に求め,兵力の損耗よりは敵軍の徹底的な撃破を重視し,兵力を適時要点に集中して,迅速な機動と攻勢によって敵を撃破し,ついでただちに果敢な追撃をして敵を再起できないほどに撃滅する殲滅(せんめつ)戦略をとった。クラウゼウィツの戦争論は,このナポレオン戦略に影響されるところが大きかった。モルトケもまた,クラウゼウィツの殲滅戦略によって普墺戦争(1866),普仏戦争(1870-71)に完勝して,統一ドイツ帝国を成立させた。

 第1次大戦においても,シュリーフェンはモルトケの戦略を継承し,殲滅戦略をもって対仏侵攻を行ったが,兵力の分配・集中の不徹底と,火力の発達が防御側に有利に働いたために成功しなかった。初期の機動戦で勝敗が決しなかった後は,彼我ともに陣地戦に移行し,戦争は膠着して消耗戦略をとることとなった。この大戦は,これまでになく総力戦の色彩を帯び,経済力や思想戦が,戦争の帰趨に大きく影響した。

 第2次大戦は全世界的な総力戦となった。このため,政治,外交,経済,戦力の総合力で圧倒的に優勢であった連合軍が勝利を収めた。

井本 熊男

国家戦略

国家の安全を保障し,国家政策を遂行するため,平・戦時を通じて最も効率的な方法で,人的・物的資源を総合的に準備,計画,運用する方策を国家戦略といい,これを受けて,国家の安全を確保する方法を軍事的に追求することを軍事戦略といっている。イギリスの戦略家B.リデル・ハートは,長期的な視野から,国家の目標である〈よりよき平和〉を達成するため,国家の政治的・軍事的・経済的・心理的諸力を発展させ,これを活用する方策を〈大戦略grand strategy〉と言った。またフランスの将軍ボーフルAndré Beaufre(1902-75)は,これとほぼ同じ概念を〈全体戦略〉と呼んだが,いずれも国家戦略と同義語とみてよいであろう。ただ,大戦略や全体戦略は,同盟国や連合国の統合した組織の戦略(例えばNATOの戦略)をも含むので,国家戦略よりも広い概念であるといえる。

 国家戦略には,国家の広範長期にわたる戦争計画と,これに基づく諸施策が含まれ,(1)想定敵国とその侵略様相見積り,(2)同盟国とこれとの協力関係,(3)国家の人的・物的資源を戦争目的に集中・支援させる方策(動員),(4)三軍間および軍と民との間の資源の配分の規制・調整,(5)経済,外交,通商,文化,援助等非軍事面の諸力の活用,すなわち総合的な安全保障政策,(6)戦争地域の選定と防衛戦略,等が策定される。これらには,情勢に即応して変えなくてはならない分野があるので,絶えず情勢の変化を読みとり,時宜に適した見直しを行うことが必要である。特に画期的な新しい兵器の出現は,往々にして国家戦略を基本的に変えるほどの影響を及ぼすので,これへの対応が,政治の重要な判断要素となることがある。

塚本 勝一

軍事戦略

国家戦略を受けて国家の安全を確保する方法を軍事的に追求する方策を軍事戦略というが,現代では,もっと広義に用いられることが多くなった。一般的には,戦争の準備,計画,運用等,もっぱら軍事力の発動によって軍事目的を効果的に達成する術をいうが,現代では,戦争の様相が総力戦形態をとり,かつ多数国家の連合戦争となることが多いので,軍事戦略の意義も変遷し,上記の戦域レベルにおける軍事力の発動を主とした意味のほかに,平・戦両時を通じて,国家の安全を確保するための,政治,外交,治安,防衛等の総合的な施策をも軍事戦略と呼ぶようになった。特に核兵器の発達は,もし核戦争がおこれば人類が絶滅する危険を伴うため,核兵器を〈政治〉がコントロールするようになり,これにともなって軍事戦略も,後者の総合的な意味にウェートを置いて論じられることが多くなってきた。しかし,総合的な施策を意味する場合においても,軍事戦略の本来的な意義は軍事面にあるので,軍の統率や兵力運用の術など,軍事力の発動に関することがその概念の主体にあることには変りはない。

戦略の一般原則

戦争は,できるだけ速やかに,しかもなるべく少ない犠牲で敵を撃滅し,勝利を収め,もって戦争の目的達成に寄与することを基本原則としていることは,今も昔も変りはない。このために,現代の戦争で最も重要なことは,緊要な時機と場所において戦力の優勢を得ることであり,これを〈集中の原則〉と呼んでいる。ここにいう戦力とは,単に部隊の大小や兵数だけを意味するものではなく,兵器,装備,補給など物質的な面までも含んでいる。特に科学技術の進んだ今日では,兵器の質において敵に勝ることが重要な要素となってきた。クラウゼウィツはその《戦争論》で,このことを〈兵数の優勢〉とし,〈戦術上でも戦略上でも,勝利の最も一般的な原理であり,最重要の要因である〉と述べている。物質戦力が戦勢を左右した例は,第2次大戦でも多くみられた。太平洋地域におけるアメリカ軍の日本軍に対する反攻は,ほとんどがその例としてあげることができるが,北アフリカにおけるエル・アラメインの戦(1942年10月23日~11月4日)は,補給力の優劣が戦闘の勝敗に決定的な影響を及ぼすようになったことを示し,連合軍反攻の大きな転換点となった。この戦闘で兵站(へいたん)線の伸び切ったドイツ軍は,アメリカから戦車など多数の物資の補給を受け,満を持したイギリス連邦軍の前に,初めて敗北したのである。

 次に重要な要素として〈奇襲の原則〉があげられる。奇襲は一般的には優勢獲得の基礎要因とされており,戦術的な場面で用いられることが多い。戦略における奇襲とは,作戦の準備を秘匿したり,欺騙,宣伝によって敵側の判断を誤らせることをいうが,最近では新しい兵器による技術奇襲が戦勢を左右する大きな要因となってきた。第1次大戦の戦車,毒ガス,第2次大戦の原子爆弾などは,その著しい例である。奇襲を成功させるためには,秘密の保持と行動の迅速性が要求されるので,C3I(指揮,統制,通信,および情報)が特に重要となってくる。C3Iにおいて敵に勝ることが奇襲の前提要件である。

 このほかにも,目的--兵力使用の目的を的確に決定する,攻勢--主動的な戦闘は結局攻勢作戦によらなくてはならない,協同--諸職種間だけでなく陸海空の協同および連合国軍との協同,経済--戦力の有効な使用,機動--迅速な戦力集中の基礎要件,警戒--相手側に奇襲させない,簡明--複雑な用兵をさける,等の原則がある。計画の融通性,的確な情報収集なども,軍事戦略に欠かせない要因である。

 精神的な要素として軍事戦略に必須のものとして,クラウゼウィツは将帥の才能,軍隊の武徳,国民的精神をあげている。

軍事戦略の分類

軍事戦略は,その目的や作戦の形態等によって,各種に分類して呼称されているが,これらは系統的なものではない。最も基本的なものとしてあげられるのは,作戦の形態からくる攻勢戦略と守勢戦略である。〈攻勢戦略〉とは,すすんで敵に攻撃をしかける積極的な戦略で,主動の地位に立ち,戦場や戦闘の時機を選定する自由を持つ有利さがある。ドイツ軍のモルトケは,〈戦略的攻勢は目標へまっすぐ到達する途である〉と攻勢戦略第一主義を唱えた。旧日本軍もこれに影響されて,〈会戦の目的を達成する唯一の要道は攻勢にあり〉と攻勢戦略を重視した。攻勢戦略は,全般の態勢として攻勢をとることを意味し,戦場の全面で攻撃することをいうのではない。状況によっては一部の部隊で防御し,またある時機,場所においては主力が守勢に立つこともある。攻勢戦略に対応するものが〈守勢戦略〉である。守勢戦略は,一般方針としては国土を守ることにあり,〈専守防衛〉などは守勢戦略の一形態である。守勢戦略は受動的ではあるが,地形を有効に利用し,準備に時間をかけることができるので,劣勢でもって優勢な敵と戦うことができる利点がある。特に近代科学技術の活用は,防衛する側により有利に作用している。

 短期決戦を目標とする〈殲滅戦略〉は,長期持久型の〈消耗戦略〉と対比される。殲滅戦略は,彼我主力の決戦を求めることに主眼を置いて戦闘を指導し,消耗戦略は,決戦を避けて自軍を温存し,敵軍の消耗を持久的に求めるものである。毛沢東の人民戦争理論は消耗戦略の一型式である。

 〈間接(侵略)戦略〉は,通常の戦略(直接戦略といわれることがある)に対比するもので,一国が,自国の兵力を使わないで,他国に対してその敵対者(革命勢力など)を通じて行う戦闘(侵略)の方式をいい,第2次大戦後,途上国などで各地に生起した。

 核兵器が出現してからは〈抑止戦略〉の概念が生まれ,大量報復戦略,柔軟反応戦略,確実破壊戦略,相殺戦略,限定戦争戦略などが唱えられるようになった。→核戦略

井本 熊男

政治闘争における戦略・戦術

政治闘争において政治的・軍事的主体(階級,軍隊,政党,組織)が,自己の目的・課題を追求するうえで生じる問題と,それへの対応手段を含めた,政治技術論である。国民国家体系が形成される以前の戦争は宗教上の,あるいは宮廷間の対立が原因であり,戦術論以上の軍事学はなかった。しかし,ナポレオン戦争以後,政治目的と,長期・短期の同盟関係,さらに闘争方法をめぐる広い戦略論の確立が要請されるようになった。戦略論をうちたてたクラウゼウィツが〈戦争は他の手段をもってする政治の継続である〉と述べたように,戦略は広く政治目的達成の下位手段として位置づけられ,個々の闘争戦術は政治目的や戦略に従って規定された。このように政治が軍事的戦略・戦術に優先する傾向とあいまって,他面では,政治集団が戦略・戦術論によって自己の目的と手段を弁証する傾向も生じた。特に階級闘争により社会の変化を基礎づけるマルクス主義は,戦略・戦術論的思考となじみやすかったが,なかでもレーニンは,帝国主義段階におけるプロレタリア革命を導くための歴史段階と同盟を規定した綱領と,それに基礎づけられた広義の戦術を定めた。コミンテルンにおいて,特にスターリンは,これを革命の戦略・戦術論として定式化した。

 しかし,核兵器とその運搬手段の驚異的発展に象徴される軍事的・政治的技術の合理化という現代的条件のもとで,現代社会における政治の目的と手段の関係は根本的に変化しつつある。政治の手段,技術としての軍事力の意義は著しく変化し,戦略と戦術の区別も流動化している。さらには,従来の国家・階級間の政治闘争の枠組みに拘泥しないゲリラや少数民族といった政治主体も政治闘争の舞台に台頭した。このため,戦略・戦術論は軍事学だけでなく,一般的な政治技術論としても再検討が要請されているということができる。

下斗米 伸夫