平凡社 世界大百科事典

掃部(守)

掃守連(むらじ)の祖の天忍人命(あめのおしひとのみこと)が雄略天皇代に掃除の事を監したので掃守連の姓を与えられたという《新撰姓氏録》の説話から,掃守氏は律令制国家以前に宮殿の掃除・鋪設に奉仕した伴造(とものみやつこ)であることがわかる。令制の掃部司・内掃部司・春宮坊主殿署の掃部や殿掃部は伴部である。掃守,掃部は古くは〈かむもり〉と訓ずるが,《古語拾遺》に天忍人命が神武天皇の父の誕生の際の海辺の産屋に供奉しカニをほうきではらったので蟹守(かにもり)と号したと伝えるのは,〈かむもり〉の転訛の〈かにもり〉による語呂合せにすぎない。むしろ,〈かむ〉は〈かみ〉の転訛で,高い所,すなわち殿上・座上を意味するとすれば,〈とのもり〉(主殿)の例を勘案して,〈かむもり〉は殿上を掃除して守る職を示したとも考えられるが,なお未詳。河内国高安郡掃守郷,和泉国日根郡掃守郷は掃守氏の居住地とも考えられる。一族からは遣唐使や遣新羅使も出ている。掃守田首,掃守田毗登の氏姓は掃部の管する藺田等の関係から注目される。→掃部寮(かもんりょう)

石上 英一