平凡社 世界大百科事典

栄養生殖

栄養繁殖ともいう。無性生殖の一種で栄養体(生物体の生殖器官以外の部分)の一部が母体から離れて独立し,新個体を形成すること,またはその過程。新個体は遺伝的に母体と同一の性質をもつ。細菌植物の二分裂,酵母の出芽,地衣類の粉芽,コケ植物の無性芽による増殖は隠花植物における栄養生殖の例である。また,ジャガイモのいも(塊茎),サツマイモのいも(塊根),オニユリのむかご(珠芽),イチゴ(オランダイチゴ)のつる(走枝)による増殖は被子植物における栄養生殖の例である。株分け,取木,挿木,接木なども人為による栄養生殖であり,母体の特性がよく保存されるので,栽培植物の優良品種の増殖はこの方法によっている。なお,栄養生殖は広義には無性生殖と同じ意味に用いられ,胞子による増殖をも含めることがある。動物の場合,ヒドラの出芽のような栄養体による増殖はふつう栄養生殖と呼ばず,単に無性生殖と呼ぶことが多い。

北川 尚史