平凡社 世界大百科事典

空想的社会主義

エンゲルスは《反デューリング論》(1878。うち三つの章をP. ラファルグが編んで《空想より科学への社会主義の発展》(1880)が成立)において,マルクスと彼自身が創始した科学的社会主義に対比して,それ以前の社会主義を空想的社会主義と規定した。その代表者として19世紀初頭のオーエンがあげられ,以来この言葉は狭義にはこの3人を指して用いられる。エンゲルスはマルクス主義の特質を明らかにするために彼らを対置しているのであって,全面的に否定している訳ではない。彼らは〈理性の王国〉を目ざしたフランス革命が幻滅に終わったことをマルクスに先立って確言し,政治体制ではなく〈産業〉の中にこそ人間の協同関係が実現されるべきことを主張し,そのための社会組織を考案した。その批判性,思想性,人類の協同性に対する信頼はマルクスに大きな影響を与えている。

 彼らの思想の空想性は具体的にはつぎの2点に見いだされている。第1に,社会主義が現実の経済的諸関係に基礎をもつ,プロレタリアの自己解放運動の理論的表現であることを理解していない点である。このため彼らは社会主義を実現する担い手を見いだすことができず,18世紀の啓蒙思想家と同様に社会主義を永遠の正義や真理の表現,理性の要請と考え,天才が偶然に発見するほかはないものとみた。プロレタリアも社会主義の担い手ではなく,救済されるべき対象とみなされている。第2点は彼らが資本主義の生み出す貧困と階級対立を非難し批判はするが,その必然性を理解し説明することができないことである。なぜ一方には巨大な資本蓄積が,他方にはプロレタリアの貧困と悲惨が再生産されるのか,その経済的メカニズムを合理的に解明することができず,したがって,なぜプロレタリアの自己解放運動として社会主義が発生するのかも理解することができない。エンゲルスは,この経済的メカニズムの秘密は〈剰余価値〉にあり,唯物史観の発見とならんでその発見こそ社会主義を〈一個の科学〉にした,と述べている。→社会主義

野地 洋行