平凡社 世界大百科事典

縊死

いわゆる“首吊り”によって死亡すること。細長い紐状物を首にあてがうか,首に巻いて,その端を木の枝などに固定し,自己の体重の全部あるいは一部を利用して頸部を圧迫して死亡することである。紐状物によってついた皮膚の溝状圧迫痕を縊溝という。自殺の手段として古くから用いられており,ほとんどの場合が自殺であるが,まれに他殺や事故死があり,自他殺の論争の種になったものもある。同じように紐状物で頸部を圧迫しても,自分の体重を利用しないものは絞死として区別する。したがって,日本の〈絞首刑〉は絞死ではなく縊死である。縊死は定型的縊死と非定型的縊死に分けられ,定型的縊死は紐状物が左右対称的に前頸部から左右の耳介の後方を通り,後上方に向かい,体が宙に浮き,全体重が紐状物にかかっている場合である。この場合,脳への血液供給血管はすべて閉塞され,眼結膜に溢血(いつけつ)点は出現せず,死因は窒息ではなく,脳への血流停止である。ときに頸動脈洞の圧迫によるショック死であることもある。定型的縊死以外を非定型的縊死といい,木のまたを利用したものもある。非定型的縊死の死因は,その状態により,脳への血流停止か窒息であるが,両者が競合していたり,共同して死因となっていることもある。

小嶋 亨