平凡社 世界大百科事典

錐体路

体性運動神経系の中枢伝導路の一つ。横紋筋を制御する体性運動神経系の中枢伝導路はすべて最終的には末梢神経起始核の運動神経細胞に収斂(しゆうれん)する。したがって,この運動神経細胞には共通終末路の別称がある。体性運動中枢伝導路のうちでも大脳皮質運動野に起こり脊髄の運動神経細胞に終わる伝導路は,哺乳類で初めて現れたもので,ヒトにおいてとくに発達しているため早くから注目され,この伝導路が延髄腹側面に錐体pyramidとよばれる高まりをつくるところから,オーストリアの神経学者チュルクL.Türckによって錐体路と命名された(1851)。臨床的に錐体路損傷によって体肢の麻痺が生じるところから,錐体路は随意運動を制御すると解されている。一方,錐体路以外の体性運動中枢伝導路は錐体外路と総称され,不随意運動を制御するといわれる。ちなみに一側の延髄錐体は約100万本の神経繊維をもつ。

 錐体路の起始神経細胞は大脳皮質運動野(中心前回)の第Ⅴ層にあり,その神経繊維は内包を通って中脳腹側面の大脳脚に現れ,橋核を貫通して延髄腹側面に錐体を形成する。脊髄にはいる直前に錐体交叉(こうさ)によって対側にわたり,対側の脊髄側索を下行しながら脊髄前角の運動神経細胞に接続する。錐体交叉で交叉する繊維量には個体差があり,10~25%は交叉せずにそのまま同側の脊髄前索を下行するという。交叉性の錐体路を錐体側索路,非交叉性のそれを錐体前索路とよぶ。錐体側索路が脊髄尾端まで下行するのに対し,錐体前索路がみられるのは上部胸髄までで,しかも前索を下行しながらそれぞれの高さで脊髄白前交連をわたって対側の運動神経細胞に接続して終わる。したがって一側の大脳皮質運動野は対側の脊髄運動神経細胞を支配する。脳に病変がある場合,病巣側と反対側の体肢に麻痺が起こるのはこのためである。今日では伝導路は起始と終止を併記する慣例になっているので,錐体路は皮質脊髄路と表記される。また錐体側索路,錐体前索路はそれぞれ外側皮質脊髄路,前皮質脊髄路となっているが,これはラテン学名の直訳でいささかわかりづらい。

 一方,外眼筋,咀嚼(そしやく)筋,表情筋,咽頭・喉頭の小筋,舌筋などの頭部の横紋筋を支配する運動神経細胞は,中脳から延髄にかけて分布する脳神経起始核にある。つまり,外眼筋は動眼神経核,滑車神経核,外転神経核により,咀嚼筋は三叉神経運動核,表情筋は顔面神経核,咽頭・喉頭の小筋は疑核,舌筋は舌下神経核によって支配される。そして錐体路繊維の一部は大脳脚,橋,延髄錐体を下行しながらそれぞれの高さで交叉して,これら脳神経起始核に対側性に接続する。この伝導路を皮質核路とよび錐体路に包含する。

 大脳皮質運動野には体部位局在性があり,下方1/3は顔面域,中央1/3は上肢域,上方1/3は下肢域とされる。つまり,顔面域からの神経繊維は脳神経起始核に,上肢域からの神経繊維は脊髄頸膨大部の運動神経細胞に,下肢域からの神経繊維は脊髄腰膨大部の運動神経細胞に接続する。ヒトの大脳皮質運動野では顔面域のうちでも口唇・舌域が,上肢域のうちでも手域がとび抜けて広い区域を占め,ヒトが手を使い言葉を話す動物であることを如実に示している。かつて大脳皮質運動野の第Ⅴ層に巨大錐体細胞を記載したのはロシアの生理解剖学者ベッツV.A.Betz(1874)である。長い間錐体路の起始細胞はこの巨大錐体細胞といわれてきたが,延髄錐体の神経繊維が100万本であるのに巨大錐体細胞は2万~5万本であることがわかって,今日では大脳皮質運動野の第Ⅴ層のすべての錐体細胞が錐体路の起始細胞とみなされている。巨大錐体細胞は下肢域に多い。

 錐体路といえば古典的には皮質核路と皮質脊髄路を指す。近年,大脳皮質の運動前野と体性感覚野(中心後回)に起こる神経繊維も錐体路とまったく同じ走行をとることが明らかになった。しかし,運動前野からの神経繊維は脳幹の大細胞性網様体に終わり,体性感覚野からの神経繊維は三叉神経主知覚核・脊髄路核,後索核,脊髄後角固有核などの体性感覚中継核に終わる。前者は錐体外路系に,後者は体性感覚系に属する。→錐体外路

金光 晟