平凡社 世界大百科事典

難聴

耳に種々な障害があって,きこえの能力が低下または消失している状態をいう。〈耳が遠い〉と表現され,耳鳴りを伴うことが多い。きこえの仕組みはたいへん複雑であるが,解剖学的に大別すると,音が物理的に処理される伝音機構である外耳,中耳と,生物学的に精巧な神経支配を受ける感音機構である蝸牛(内耳),聴神経,聴覚中枢に分類でき,最終的には大脳の側頭葉にある聴皮質中枢において知覚される。そこで,障害部位によって難聴にもそれぞれ特色があり,一般に伝音性難聴と感音性難聴,混合性難聴に分類されるが,これらは聴力検査によって鑑別診断することができる。

(1)伝音性難聴 外耳,中耳が障害されたために発生した難聴であり,耳垢栓塞,外耳道異物,耳管狭窄症,鼓膜外傷,各種の耳硬化症の初期などにみられる。この場合の難聴の特徴は音をある程度大きくすると正常人と同様にききとれることであり,また骨伝導による聴力は正常であるために,たとえば電話の受話器を通した声などはよくききとれる。さらに伝音機能がまったく廃絶しても音エネルギーの一部は蝸牛に直接流入するため完全な聴力消失(聾(ろう))をきたすことはない。

(2)感音性難聴 これはさらに内耳性難聴と後迷路性難聴に大別される。両者の大きな相違は,内耳(蝸牛)が障害された内耳性難聴では,音が大きく響いて困るという突発性難聴などがその代表例である。難聴の程度はある特殊な周波数帯域,たとえば,4000Hzのみが低下する場合から全聾になるものまで多種多様である。一方,後迷路性難聴は聴神経腫瘍で代表される脳腫瘍や片麻痺などを伴う脳循環障害の場合にみられるが,その特徴は音がきこえるのに言葉のきき分けが著しく障害されることであり,老人性難聴が高度になると後迷路も同時に障害されるためにこの傾向を示し,補聴器が有効に使用できない場合がある。

(3)混合性難聴 伝音性難聴と感音性難聴の両者の特徴を有する。

 難聴を発生時期からみると,すでに胎生期において生じることがあり,母体が聾啞(ろうあ)となる。また小児期に多発するものとして流行性耳下腺炎(おたふく風邪)に伴う難聴があり,多くは一側性であるため会話に不自由しないが,方向感覚が失われる。

 難聴の治療はその種類によって根本的に異なる。伝音性難聴の場合には原疾患の治療や鼓膜,耳小骨連鎖などの伝音機構の修復手術によって聴力改善が期待できる。また補聴器の装用によって,眼鏡による視力改善同様に補聴効果が得られるが,最近,中耳埋込み型補聴器の研究も進められている。これに反して感音性難聴の場合には,手術による聴力改善は望まれないために内科的な保存療法によらざるをえない。しかし突発性難聴などは早期の加療によってかなり回復するために,その啓蒙が必要である。補聴器の効果は伝音性難聴ほど期待できないが,近年特殊な回路がくふうされてきたため装用訓練によって高度な難聴に対しても有用となった。また高度難聴を示す幼児に対しては,言葉の獲得という観点からできるだけ早期に特殊教育を施す必要があるが,補聴器の早期装着によって残聴を利用して情報をききとる努力がなされている。そのためには乳児の聴力を正確に把握する必要があり,聴性脳幹反応や音刺激に対する体動を利用する他覚的聴力検査法が進歩,普及してきた。また,高度難聴者の蝸牛内に多数の電極を埋め込んで音声を電気信号に変換してきかせる人工内耳の研究も進んでおり,日本においてもかなり実用化されている。→

佐藤 恒正