平凡社 世界大百科事典

音名

音楽上,音の高さを呼ぶための名で,音組織内の各音には一定の振動数が定められており,それぞれ固有の名で呼ばれている。

西洋

現在,西洋音楽に用いられている音名は,ほとんどが11世紀にグィード・ダレッツォが体系づけたものを基礎としており,アルファベットによって音高を表し,オクターブごとにこの名が繰り返される。オクターブの違いを表す方法にはいろいろあるが,ヘルムホルツの考案(1865)によるものがいちばん多く使われている。日本の洋楽でもこれにならって明治以来〈イ・ロ・ハ〉を音名にあてている。音名は,一定の振動数の音すなわち絶対音高を表すのに対し,やはりグィード・ダレッツォによって案出された階名〈ド・レ・ミ〉は,もともと音階中の各音を主音との関係において呼ぶときの相対的音高を表す名称である。しかしフランスおよびイタリアではC(ハ)を主音(ユトutあるいはドdo)に固定させた階名を〈音名〉として用いている。これらの音は〈幹音〉と呼ばれ,そのほかの音は〈派生音〉といってこれらの音を半音高め,あるいは低めたものとして表される(表1)。幹音を二重に高め,あるいは低めた音の呼び方は表2のとおりである。なおドイツ音名では半音高めるときは幹音の文字に-isを,二重に高めるときは-isisをつけ,半音低めるときは-es,二重に低めるときは-esesをつけて表すのが原則であるが,低めるときには例外がある(H→B,E→Es,A→As)。なお〈重変イ〉はアザスAsas,〈重変ロ〉はヘゼスHesesまたはベベBebeと呼ばれる。

 音名は絶対音高を表すものではあるが,標準音が異なれば同じ音名の音でも振動数が違ってくる。現在標準音はイ=440が一般に用いられている。読譜の練習のために旋律中の各音を音名で読んで歌う方法を〈音名唱法〉という。ドイツ音名で読むものはとくにアー・ベー・ツェー・ディーレンA-B-C-dierenといわれて広く行われている。フランス,イタリアのように階名を固定させて音名とした読み方は〈固定ド唱法〉ともいわれるが,これも音名唱法の一種と考えることができる。なお日本音名による音名唱法が行われたこともあるが,現在はあまり用いられない。

渡 鏡子

東洋

楽音をもっぱら音高の側面からとらえて,これを一定の振動数をもつものと規定し,各音に固有の名称をつけるという慣習はすぐれて西洋的なものである。アジアやアフリカなど非欧米諸文化では,音楽に用いられる音を単に高低のみならず,音色や音質そして音量をも含む概念で弁別した名前で呼んだり(例,清音・濁音,男の声・女の声),個々の音高にではなく,一連の節回し(旋律型)に名称をつけることが多い。しかし他方では,音程比に基づき理論的な音律の体系を組み立てて,個々の音律に名称を与えた例は古来アジアの高文化にいくつか見られる。

 中国では古く周代から1オクターブ中に12の音律が認められており,それぞれに律名が与えられている(十二律)。この律名は朝鮮半島でも採用され,日本にも伝来した。

 インドでは20世紀の音楽の実際において12律になっており,それぞれの音名は北インドと南インドでは異なっている。しかし古代・中世のインド音楽理論では1オクターブが22律(シュルティ)と規定されており,《インド音楽)。

 中世のイスラム世界ではアラビア文字のアルファベット(古形アブジャドAbjad)が理論的な記譜に用いられていたが,これが音名として音楽の実際に用いられたか否かは定かでない。近世オスマン・トルコの音楽理論では,大全音を9コンマに分割することを想定したきわめて精緻な音組織を作り上げた。ここでは2オクターブ中に数えられる49の音律にそれぞれ固有の名称が与えられている。

 インドネシアの中部ジャワのガムラン音楽にはスレンドロとペロッグの2種の音階(ララス)があり,バリ島のガムラン音楽にも基本的にスレンドロとペロッグの2種の音階が区別されるが,それぞれの音階音の名称はジャワとバリ島では異なる。ここでは音名というよりもむしろ階名的な性格が強い。→インドネシア[音楽]

柘植 元一

日本

中国や,隣接する漢字文化圏の日本や朝鮮では,音の高さを表す呼称は,楽律の名称がそのまま用いられた。中国では,楽律理論が観念的には三百六十律まで発展したが,普遍的に実用されたのは,1オクターブ内の十二律までであった。その十二律の律名は,日本ではそのまま用いられず,日本独自の律名を生じた。なお,中国では,標準音の絶対音高が時代によって異なるので,律名をそのまま絶対的な音名ということはできない。日本では,鎌倉時代の初期までには,日本独自の十二律名が考えられ,これを〈十二調子〉ともいった。この十二調子は,標準音の絶対音高が固定していたので,これを音名と考えることもできる。ただし,その読み方については多少の異同もあり,また序列も,とくに下無(しもむ)と双調(そうぢょう)とが逆であったこともある。なお,箏曲や三味線音楽では,絶対音高を定める場合には,十二律

平野 健次
図-音名および各オクターブの表示法
図-音名および各オクターブの表示法
表1-派生音(1)
表1-派生音(1)
表2-派生音(2)
表2-派生音(2)
表3-日本の音名
表3-日本の音名