平凡社 世界大百科事典

32年テーゼ

1932年コミンテルン執行委員会が作成した日本共産党のテーゼ(今日の綱領的文書に相当)。日本共産党は1931年4月〈政治テーゼ草案〉を起草し,当面の革命の性質をプロレタリア革命であるとしたが,満州事変勃発の情勢のもとで正しくないという批判を招いた。クーシネンの報告〈日本帝国主義と日本革命の性質〉を経て,5月執行委員会西欧ビューローの名でこのテーゼが決定され,日本では,元京都帝大教授河上肇の翻訳により,7月《赤旗》特別号に発表された。正式名称は〈日本における情勢と日本共産党の任務に関するテーゼ〉。テーゼは日本の支配的制度を絶対主義的天皇制,地主的土地所有,独占資本主義の3要素の結合であるとし,天皇制の独自の役割と絶対主義的性質に注目して,当面の革命の性質を社会主義革命への強行的転化の傾向をもつブルジョア民主主義革命と規定,その主要任務を天皇制の打倒,寄生地主制の廃止,7時間労働制の実現であるとした。このテーゼは近代天皇制の本質をはじめて解明し,革命戦略論争に終止符を打ったものとして,日本共産党の最高の指針とされ,講座派の理論的支柱となり,太平洋戦争後の50年代まで大きな権威を保った(戦後,戦時中の国家権力の評価をめぐって志賀義雄と神山茂夫の間で論争がおこった)。しかし作成当時のコミンテルンの理論水準を反映し,大衆の意識状態の軽視,過大な革命情勢論,社会民主主義者を社会ファシストと断定したセクト主義的偏向などの欠陥があった。

江口 圭一