平凡社 世界大百科事典

宋濂

中国,明初の学者,政治家。字は景濂,潜渓と号す。浦江(浙江省)の人。少時より文名が高く,1369年(洪武2)には《元史》編纂の総裁官となり,翌年これを完成した。また常に洪武帝の側近にあり政治の顧問をつとめたので,明一代の礼楽制度は彼の裁定によるものが多いといわれ,胡藍の獄にまきこまれたため,連座して茂州(四川省)に流され夔州(きしゆう)(四川省)で没した。《宋学士全集》がある。

谷 光隆