平凡社 世界大百科事典

宋雲

中国の僧侶。敦煌の人。生没年不明。北魏末,孝明帝の使節として中央アジア諸国を訪問した。518年(神亀1),仏典を求めにゆく崇立寺の僧恵生らとともに洛陽を出発,西域南道を経て,エフタル,ウジャーナ,ガンダーラ各国を歴訪,それぞれ国書を捧呈した。帰国は521年(正光2)ころという。その旅行記は《洛陽伽藍記》巻五に《宋雲行紀》として付載され,当時の西域事情を知るうえで貴重な資料であるが,文献学的には種々の問題がある。

谷川 道雄