平凡社 世界大百科事典

宋之問

中国,初唐の詩人。汾州(山西省)の人。上元2年(675)の進士だが,時の権力に媚びたため世人の不評を買い,最後には誅殺された。その詩風は艶麗で,宮廷での即興の作が多い。沈約(しんやく),庾信(ゆしん)の後を受けて詩の韻律整備の面での貢献は大きく,〈沈宋〉と並称される沈佺期(しんせんき)とともに七言律詩の定型を作り出した。〈年年歳歳花相似たり,歳歳年年人同じからず〉の一連を自分に譲らぬために劉庭之を殺したという伝説は有名。

荒井 健