平凡社 世界大百科事典

宋三彩

中国,宋時代の磁州窯系の窯で焼造されており,河南省の登封窯,魯山窯,宝豊窯,河北省の磁州窯などで焼造された。しかし北宋時代の三彩は遺品が大変少ないのが奇妙である。いわゆる宋三彩は,花瓶が少しあり,大半は画花と印花で文様をあらわす枕でしめられているが,実はほとんど金から元代にかかる12~13世紀のものと判断される。これに対して華南では南宋から元にかけて三彩が焼造されており,窯は判然としないが,緑釉陶が福建省の泉州窯,江西省の吉州窯で焼かれているところから,およそこの方面で製造されたのであろう。その種のものは日本をはじめ東南アジアから少しく出土するので輸出が主力であったらしい。

矢部 良明