平凡社 世界大百科事典

蘇綽

中国,宇文泰の絶大な信任の下に西魏政権の確立に献身した。蘇綽の理想は門閥社会が生みだす浮華の風を克服して,実務を重んじ倫理観念,旺盛な政治集団を構築することにあり,その思想的根拠として復古主義を採用した。地方官の心得を説いた六条詔書の起草,四六体(べんたい)文を古雅な尚書体に改めようとした文章改革,《周礼(しゆらい)》になぞらえた官制改革(六官の制)などいずれもその具体化である。

谷川 道雄