平凡社 世界大百科事典

蘇武

中国,漢の忠臣。字は子卿。杜陵(陝西省西安市の東南)の人。父の蘇建は大将軍衛青に従った功臣であり,蘇武も若くして郎となった。武帝のとき(前100),中郎将として節を授かり匈奴(きようど)に使いしたが,捕らえられて降伏をせまられた。しかし彼は節義をまげず拒否したために北海(バイカル湖)のほとりの荒野に送られて羊を飼わされ,苦難の抑留生活をつづけた。匈奴にとどまること19年,昭帝が即位して匈奴との講和が成立するに至ってようやく帰国がかない,典属国に拝せられた。

永田 英正