平凡社 世界大百科事典

聖王

朝鮮,百済の王。在位523-554年。聖明王,明王ともいう。諱(いみな)は明禯または明穠。524年に梁から〈持節・都督百済諸軍事・綏東将軍・百済王〉の爵号を受け,538年には泗沘(しひ)(扶余)に遷都して国号を南扶余と改めた。新羅と連合して高句麗を攻め,また新羅に対抗するために日本と交渉を持つなど,たくみな外交を展開したが,554年,新羅との戦いに敗死した。日本へ仏教を伝来したと伝えられている。

木村 誠