平凡社 世界大百科事典

マテガイ

マテガイ科の二枚貝。殻は左右の両殻を合わせると長円筒形で,長さ12cm,高さ1.5cm,膨らみ1.2cmに達する。殻は薄く,表面は黄色の光沢のある殻皮におおわれる。殻頂は前端にあり,前端はやや斜めに,後端は直角に切れている。英語ではこの形をかみそりにたとえ,マテガイ類をrazor clam,razor shellと呼ぶ。前後端は両殻を合わせても開いている。内面は灰白色。後端より出る軟体の足は黄橙色で大きい。これを小刻みに動かして巧みに砂を掘り,穴をつくる。前端から出る水管は出入水管が融着したもので,植物のツクシ状の節があり,さわると自割し容易に切れ落ちる。その後にこの部分は再生する。北海道南部から九州,朝鮮半島,中国沿岸に分布し,内湾の潮間帯の砂底に深い穴を掘ってすむ。その穴に食塩を入れると,その刺激で反射的に穴の口へ跳ね上がって殻をつき出すので,その習性を利用してつかみ取る。また矢形の金棒を穴に差し入れてとることもする。これをマテ突きという。肉は多少渋みがあるが,ゆでて酢みそあえなどにすると甘い。春の季語である。

波部 忠重
図-マテガイ
図-マテガイ