平凡社 世界大百科事典

ヒアリ

別名アカカミアリ。膜翅目アリ科の昆虫。働きアリの体長は2.4~6mm,体型に大小の変化があり,大型の個体は胸腹部に比べて頭部が大きく,頭部の後縁がへこんでいる。体色にも変化が多く,黄褐色,赤褐色,黒褐色のものがある。複眼の大きさは中くらい,触角は10節で先端の2節は大きく,腹柄は2節。巣は明るい開けた場所の地中につくられ,巣口に土を盛り上げることがあり,ときにはかなり大きなコロニーになる。このアリの毒針に刺されると激痛があり,皮膚に炎症が残る場合があるため農作業などに支障がある。野菜や発芽中の種子,果樹などを加害し,また屋内に侵入して食品や衣類を食害することがある。熱帯アメリカ原産と考えられているが,交易に伴って全世界の熱帯地方に広がった著名な害虫。東南アジアではフィリピン以南に生息する。日本でも沖縄に侵入して一時的に繁殖した例があるが,冬季の低温に耐えられず永続的な土着は不可能と考えられる。

久保田 政雄