平凡社 世界大百科事典

カミソリウオ

ヨウジウオ目カミソリウオ科の海水魚。体と頭が強く側扁する。長くのびた吻(ふん)も側扁し,口はその先端に開く。うろこの代りに骨板が体を覆い,その隆起部が体側に格子状の模様をつくっている。和名はこの薄い体型に由来する。英名はghost pipefish(ユウレイヨウジウオ)。全長15cmになる。分類上はヨウジウオに近いが,5棘(きよく)からなる第1背びれをもち,腹びれと尾びれが大きく,とくに雄でなく雌に育児囊があるなどの点で異なる。育児囊は左右の腹びれの内縁が腹部に付着しただけの開放式で,内側にひれからのびた短い繊維があり卵の保持に役だつ。千葉県以南,東インド諸島から東はハワイ,西は紅海にまで分布し,磯の海藻の間にすみ,食用としての価値はない。体色は緑色であるが,周囲の状況で淡紅色から褐色にまで変化する。生態はよくわかっていない。近縁種にフウライウオやノコギリフウライウオがあるが,いずれも人にあまり知られていない。

羽生 功
図-カミソリウオ
図-カミソリウオ