平凡社 世界大百科事典

ゾーリンゲン

ドイツ,ノルトライン・ウェストファーレン州の工業都市。人口16万5583(1999)。都市権を獲得したのは15世紀のことだが,すでに13世紀より刀剣鍛冶の中心地として知られた。ブッパーWupper川の水力,森林,隣接ジーガーラントの鉄鉱石に恵まれ,1600年ころには当市の刀剣鍛冶は全ヨーロッパ的名声を博するにいたった。16世紀にはナイフ,18世紀には食器,はさみの生産も開始され,今日ではひげ剃器,医療器具等も含めてあらゆる種類の刃物が生産され,その販路は全世界に及ぶ。また金属,機械,電機,化学,製紙,皮革,食品等の関連諸工業も成立したが,基軸産業である刃物工業には圧倒的に中小企業が多く,第2次大戦後はとりわけ日本製品に市場を蚕食された。1840年に設立された商工会議所は1977年にブッパータール会議所に統合された。ドイツ刃物博物館(1954設立)がある。

渡辺 尚