平凡社 世界大百科事典

ソルベー会議

ドイツの物理化学者W.H.ネルンストの提案に基づいて,ベルギーの工業化学者E.ソルベーがスポンサーとなって発足した物理学の国際会議。第1回は1911年,〈放射の理論と量子〉をテーマにブリュッセルで開催された。この会議には,議長を務めたH.A.ローレンツのほか,M.プランク,A.アインシュタイン,A.J.ゾンマーフェルト,E.ラザフォード,M.キュリー,P.ランジュバン,H.ポアンカレなど約20人の当代一流の科学者が参集して,量子論の意義をめぐって熱心に討議した。この会議を通じて量子論に対する理解は著しく深まり,広まった。この後,13年に第2回,21年に第3回と会議は不定期に招集されていたが,24年の第4回会議以降,3年ごとに定期的に開催されるようになった(第2次大戦前後は15年間中断)。

 第1回会議のテーマとして量子論が取り上げられたことにもみられるように,ソルベー会議は量子論および量子力学の形成と発展に多大の役割を果たした。とくに27年,〈電子と光子〉をテーマに開かれた第5回会議では,N.ボーアとアインシュタインとの間で,物理学理論の本質をめぐって激しい論争が展開されたが,結局,量子力学に対しては,ボーアらによる確率論的な解釈(コペンハーゲン解釈と呼ばれる)が妥当性を有することが承認されるに至った。第2次大戦後も,会議のテーマとして,ミクロな領域を対象とする原子核・素粒子物理学から,マクロな領域を対象とする宇宙物理学に至るまで,会議開催時点で最も先端的な話題が選ばれ討議され,物理学の発展に寄与している。

成定 薫