平凡社 世界大百科事典

夏季熱

夏の暑い日に乳児にみられる発熱。気温が30℃をこえる暑い日が続くと乳児ことに6ヵ月以内の幼弱な乳児が突然38~39℃の高熱を出すことがある。臨床症状や検査結果からも発熱の原因となるような異常所見はみられず,冷房のきいた涼しい場所に移したり,身体を冷やしたり,水分を十分に補給することなどで簡単に解熱する。このような夏の暑さによって起こる発熱を夏季熱と呼んでいる。原因は,高温環境のため発汗が多くなり,また不感蒸散(汗以外に体から蒸発する水分)が増加して,脱水状態におちいり,熱放散が妨げられて,鬱熱(うつねつ)を起こすものと考えられている。一般に発熱は午後のほうが高くなるのが普通であるが,夏季熱の場合は午前中から高熱があるのが特徴である。クーラーの普及した最近では少なくなったが,親の不注意,事故などで高温環境におかれた乳児がこの状態になることがある。

藪田 敬次郎