平凡社 世界大百科事典

ソフォクレス(Sophoklēs)

古代ギリシア三大悲劇詩人の一人。詩人として,また一市民として輝かしい業績を残した彼の90年に及ぶ生涯は,前5世紀というアテナイの最盛期のほぼ全体と一致し,それ自体ギリシア古典文化の典型であり,また象徴と称することができよう。早くも前468年,大ディオニュシア祭の悲劇競演で先輩詩人のアイスキュロスを破って初優勝を遂げて以来,彼は生涯に24回の優勝を数えたといわれる。その間に一市民としては前443-前442年にデロス同盟の財務長官(ヘレノタミアス)を務め,前440年にはペリクレスの同僚の将軍(ストラテゴス)としてサモスに遠征し,さらにシチリア遠征直後の危機に際しても最高委員(プロブロス)の一人として祖国再建の任に携わっている。

 彼の作品は全部で123編あったと伝えられているが,完全な形で現存しているのは7編の悲劇だけで,そのほかに90余の題名,サテュロス劇《追跡者》の大断片,失われた劇の多数の断片が残されている。7編の現存悲劇を年代順に記せば,《アイアス》,《エウリピデスに関しては,〈自分は人間をあるべきように書くが,エウリピデスはあるがままに描く〉と語ったと伝えられている(アリストテレス)。さらにソフォクレスには《合唱隊(コロス)について》という論文があったことが知られている。これらはみなソフォクレスの創作態度がきわめて意識的なものであったことをうかがわせる。事実,彼はそのような理論的考察に基づいて,アイスキュロスから継承したものにいくつかの重要な改革の手を加え,悲劇という文芸のジャンルをその完成へともたらしたのである。すなわち,俳優の数を2人から3人に,合唱隊員を12人から15人に増加し,舞台に背景画を使用するなどの改良を施し,またアイスキュロスの三部作形式を廃して,1日に上演するきまりであった3編の悲劇のそれぞれを同時上演の完結した作品として独立させた。これはできごとのテンポを速め,アイスキュロス悲劇の粗けずりな壮大さを失わしめたものの,俳優の数を3人にした改革とあいまって劇構成の緊張度を高める効果をもたらした。

 ソフォクレスは人知でははかりがたい神々の道,過酷な運命を凝視しつつ,それに対峙する人間の悲壮美を追求し,彫琢された文体によってそれを形象化することに成功した詩人であった。その意味でソフォクレスの描いた悲劇の担い手たる主人公たちは,ホメロスの英雄像のアテナイの新しい土壌における再生であったといえよう。現存作品中,《オイディプス王》に先立つ3編では主人公たち(アイアス,アンティゴネ,デイアネイラ)がみな劇半ばで自害して,そのために劇構成が2分されてしまうという共通の特徴をもつ。彼らの自殺はいっさいの妥協を排するソフォクレスの英雄たちの本性からして必然の結果であった。しかし古来最高傑作の誉れ高い《オイディプス王》以降の現存作品の主人公たち(オイディプス,エレクトラ,フィロクテテス)は,やはり自殺しても不思議ではない状況に置かれながらも,最後まで苦難に耐え通す人間として描かれ,それとともに作品構成もいわゆる〈二つ折れ〉構造を脱している。前3編の主人公たちに見る自殺という共通項自体は偶然の一致とも考えられようが,しかし全体として見れば,《オイディプス王》を軸に,ソフォクレスの英雄像の気性に,あるいは神々の世界と人間の世界のかかわりに,本質は変わらずとも,その現れ方に微妙な展開が見られるとの印象は否定しがたい。しかもこの変化は,ソフォクレスが悲劇詩人として活躍した前5世紀後半の時代の趨勢が明から暗に推移していったのと,まさに逆説的な関係に立つのである。つまり前3編が上演されたのは楽観的な啓蒙主義的思潮が謳歌された明るいペリクレス時代であった。この時代に血のきずなと国家の掟の相克を描いて体制批判ともとれる《アンティゴネ》が制作された意味は大きい。しかし《オイディプス王》が書かれたのは,ペロポネソス戦争の勃発(前431)とその2年目の疫病の蔓延,それによるペリクレスの急死というできごとからほどないころと考えられ,それに続く3編の歴史的背景は,アテナイが扇動政治家たちに踊らされて前404年の敗戦に向け内部崩壊の道を突き進んでいった時代であった。この作品世界と時代思潮の逆説的関係に詩人の時代に対する内的な自由が垣間見られる。その内的自由を最も典型的に具現しているのが,みずからの恐ろしい真実を知って破滅に突き落とされながら,目を突いて新たに立ち上がるオイディプス像であり,さらに約20年後の詩人の最晩年(前406?),敗戦前夜の疲弊した祖国の現実の中で形象化された,あの盲目の目で真理を凝視し朽ち果てた肉体に冒しがたい威厳と高貴をたたえた老オイディプスの姿である,といえよう。

川島 重成