平凡社 世界大百科事典

ソフロニティス

ラン科ソフロニティス属Sophronitisに属する着生ランで,灌木の樹上,もしくは多湿地帯の岩にも着生している。ブラジルから6種発見されており,短い偽球茎に1~3枚の革質多肉の葉をつけ,群生する。とくにソフロニティス・コッキネアS.coccinea Reichb.f.は花が大きく鮮紅色であるために,エピデンドルム属との間にエピフロニティス属Epiphronitisも作出されている。

 夏は夜間,涼しい所におき,弱光とし,肥培する。冬は最低5~10℃の所におくと,開花する。

江尻 光一