平凡社 世界大百科事典

ソルブ人

ドイツ東端のラウジッツ地方,ナイセ川とシュプレー川流域のコトブス県からドレスデン県にかけ居住する西スラブ族住民のこと。西スラブ系諸族で現存する唯一の少数民族でその数12万弱といわれる。5世紀ごろからザーレ川東部一帯に居住し,12世紀初頭にはシュプレー川下流地域に独自の王国を形成したが,その後強制的ゲルマン化によりドイツ人に同化吸収されていった。17~18世紀,オーバー・ラウジッツとコトブスでソルブ文章語(ソルブ語)が生まれた。これを中心に1847年以降ソルブ文化の再興が見られたが,71年ドイツ統一後同化を強制された。これに対し1912年ラウジッツ・ソルブ人同盟(ドモウィーナDomowina)を中心に民族的独自性擁護の運動が起こったが,ナチスのもとでは迫害をうけた。

 第2次大戦後,ラウジッツがソ連占領地域,のちの東ドイツに属したことが幸いして,同権と言語の公式使用などが認められ,ドモウィーナが民族的代表機関として活動してきた。宗教はプロテスタントおよびカトリックである。

下村 由一