平凡社 世界大百科事典

ホウキモロコシ

穂を箒やブラシとして利用するために栽培されるイネ科の一年草。モロコシの1変種。モロコシは熱帯アフリカ原産で,古くからアフリカ,アジア地域で栽培され,子実を食用や飼料に,茎葉を飼料にする。草丈2~4mで,夏に茎の先に穂をつける。穂は,太い軸に節が10ほどあり,その各節から5~6本の枝(一次枝梗)が放射状に出る。さらにそこから枝(二次枝梗)が対に出て,枝分れして(三次枝梗),1穂に数千個の花がつく。この枝梗の長さから,密穂型や開散穂型,箒型(片穂型)などいくつかの型に分けられるが,ホウキモロコシはとくに枝梗が長く,しかも各枝梗の先がそろった長さとなる。ホウキモロコシは世界各地に多くの品種があり,枝梗の長さが1m近くにもなる優良な品種もある。日本では栃木県が主産地で,晩春に種をまき,播種(はしゆ)後70~80日で収穫する。穂の枝梗が硬くもろくならないうちに刈り取り,子実をこき落とした後日陰に干し,これを箒やブラシに加工する。

星川 清親