平凡社 世界大百科事典

一国社会主義

世界革命を待たずとも,一国(歴史的な文脈に即していえばソ連邦)だけで社会主義を建設しとげることが可能だとする主張。英語では,Socialism in one country。マルクス主義の古典では社会主義は世界革命の産物として想定されており,ロシア革命も当初は世界革命の突破口と考えられていた。しかし,第1次世界大戦後のヨーロッパ諸国における革命運動が後退すると,革命ロシアは孤立の中で国内建設を余儀なくされた。このような状況の中で,1924年にスターリンによって唱えられたのが一国社会主義論である。彼はこの理論をレーニンに由来するものとしているが,むしろレーニンが革命時に想定していたのとは異なった新たな状況の産物とみるべきであろう。この理論に反対したトロツキーやジノビエフも,世界革命の意義を強調したとはいえ,世界革命到来以前にソ連国内で社会主義建設を進めることを否定したわけではない。ただスターリンやブハーリンは単なる社会主義建設の“進行”ではなく,その“完了”が可能だと主張した点に両派の差異がある。もっとも,スターリンらも外国資本主義による干渉の危険性から最終的に免れるには世界革命が必要だとしている。このようにみると,両派の主張は重点のおきどころこそ逆ではあるが,完全に正反対のものとはいえず,論争はいささか抽象論に流れた,かなり政治色の濃いものであったといえる。しかし,〈一国社会主義〉の語は,このような論争における直接の意味を離れて,より広範な歴史的変容過程を象徴する言葉としても使われる。ソ連国内の社会建設についていえば,初期の普遍主義的展望が後退して,よりロシア的・伝統的な諸要素がたちあらわれてきたこと,対外面についていえば,国家としてのソ連の外交が整備される一方で,コミンテルン指導下の各国共産党がややもすれば国家としてのソ連防衛の道具と化していく傾向,がそれである。このような意味での〈一国社会主義〉は,1920年代半ば以降のソ連の内外政策を象徴するものであり,第2次世界大戦後に社会主義国が一国だけではなくなってからも,その特徴の一部は持続していた。

塩川 伸明