平凡社 世界大百科事典

スイダス

10世紀末にビザンティン帝国で編纂された古代ギリシア文化についての百科事典。名称は正しくはスダSoudaである。典拠として,従前からあったハルポクラティオン等の辞典類やビザンティン時代の摘要集ばかりでなく,ホメロス,ソフォクレス,アリストファネスらへの古注の記事や,ヘシュキオスの人名事典も利用されており,断片的にではあっても古代における古典研究の成果を伝えている貴重な資料となっている。ルネサンス時代に西ヨーロッパにギリシア古典を伝えたビザンティンの学者にも,好んで参考書として用いられた。

片山 英男