平凡社 世界大百科事典

スパヌウォン(Souphanouvong)

ラオスの政治家。ルアンプラバン王家の副王の王子として生まれ,ベトナムのハノイで中等教育を受けた後,1930年フランスへ留学して,土木専門学校に学んだ。37年にハノイに戻り,土木技師として公共事業局に勤務。45年異母兄のペッサラート,スワンナプーマとラオ・イッサラ(自由ラオス)を結成し,翌年タイのバンコクに亡命政権を組織した。49年のフランス連合内のラオス王国独立に反対し,翌年左派系のネオ・ラオ・イッサラ(自由ラオス戦線)を組織し,臨時抗戦政府首相となった。56年ネオ・ラオ・ハック・サート(ラオス愛国戦線)が結成されると議長に選出された。75年の革命後はラオス人民民主共和国大統領,最高人民議会議長に就任した(86年,病気のため休職,第一線から退いた)。なお日本ではスファヌボンの名で知られる。

吉川 利治