平凡社 世界大百科事典

巴里の屋根の下

1930年製作のフランス映画。チャップリンからもっとも多く学んだ映画作家であることを自他共に認め,〈音〉によって映画芸術が通俗化することを恐れて安易な〈トーキー化〉に反対したルネ・クレール監督のトーキー第1作。ドイツのトビス社がフランスに進出してつくった新しい撮影所で,ロシア生れの美術家ラザール・メールソンLazare Meersonが造形したパリの全景を巧みに仕組んだセットで撮影され,カメラを自在に移動させてパリの下町の庶民生活,その風俗と雰囲気を新鮮に描き出すことに成功した。

 トーキーが流行して映画に〈音〉がはんらんしていた当時,例えばけんかの場面に通りすぎる汽車の音やレコードから流れる音楽をいれるなど,〈映像〉と〈音〉の非同時性を対位法的につかって,〈音〉の劇的な,あるいは情緒的な処理の問題を解決した〈トーキー美学の最初の独創的な試み〉として評価されている。〈フランス語のオールトーキー〉のうたい文句で公開されたパリにおいてよりも〈世界でもっとも美しい映画〉の惹句で公開されたベルリンで高く評価され,《デル・ドイッチュ》紙の世界優秀映画投票で《西部戦線異状なし》(1930)を凌駕(りようが)して首位を占めて以来,トーキー最初の〈芸術的勝利〉と賞賛され,ラウール・モレッティRaoul Moretti(1893-1954)が作曲した主題歌とともに世界中で喧伝された。

柏倉 昌美