平凡社 世界大百科事典

スーサ

イラン南西部のザーグロス山脈西麓,フージスターン平原にある古代都市遺跡。ペルシア湾頭から北へ約240kmの地点に位置する。先史時代からメソポタミアとイラン高原をつなぐ交通の要所として重要な役割を果たしてきたが,アケメネス朝ペルシアのダレイオス1世がここに首都を建設したことによって巨大な都市跡を残した。

 遺跡の主要な部分は南北に長い菱形で,南北1400m,東西800m,北に〈アパダーナapadāna〉,西に〈アクロポリス〉,東に〈王の都市〉,南に〈天主閣〉と便宜的に名付けられた4地区からなり,最高のアクロポリスで周囲からの高さが35mある。東側には〈技術者の町〉とよばれる広くて低いテル,西側には〈ダニエルの墓〉,シャーウル川を隔ててさらに西側にシャーウル宮殿がある。J.deモルガンが組織的な発掘調査を1897年に始めて以来フランス隊が継続して,この都市とイランの歴史に関する史料はもちろんのこと,バビロニアの歴史にとっても基本史料であるハンムラピ法典碑,アッカド王朝のマニシュトゥシュ王のオベリスク,ナラムシン王の戦勝碑などを発掘し,考古学的にはスーサ第Ⅰ・第Ⅱ様式の彩文土器が1930年ころまで西アジア先史時代編年の基準であった。最近,層位的発掘に,グリッド・システムをとるウィーラー方式を採用して,メソポタミアとの交流関係のさらに詳細な検討が可能になりつつある。

 スーサにおける先史時代は3期に分けられる。Ⅰ期は優れた彩文土器の多い時期で,その始まりは前4000年ころ,Ⅱ期はメソポタミアのウルク期に並行し,円筒印章や彫刻が登場する。Ⅲ期が原エラム期で,未解読の原エラム文字を印したタブレットが出土し,バビロニアのエラムにおける都市スーサの位置は低かったが,前14~前12世紀は栄光の時代で,アッカド時代やウル第3王朝時代に建設された神殿が復興され,シュトルクナフンテ王(前12世紀)はバビロニアを攻略して,ナラムシンの戦勝碑やハンムラピ法典碑を持ち帰りエラムの神インシュシナクにささげた。

 アッシリアの略奪を受けたのち,ダレイオス1世が〈王の道〉の通るここに首都を建設すると,スーサの様相は一変した。エラム時代の堆積をならして,〈アクロポリス〉には城砦が,その北東に〈アパダーナ〉と呼ばれる謁見の間と宮殿が,この南に〈王の都市〉がつくられ,全体が堅固な城壁によって囲まれ,さらに濠をめぐらし,シャーウル川の水路を変えて水を導入した。首都の建設はさらに規模を拡大してペルセポリスに移り,前4世紀末のギリシア人の侵入以後はスーサは商業都市として,ササン朝ペルシア下では絹の産地として栄えた。シャープール2世が4世紀中葉にキリスト教徒の反乱を防ぐ目的で住民を殺害し町を破壊して廃墟となったが,イスラム化とともに再び商業活動が盛んになった。しかし13世紀にモンゴル族の侵略をうけて決定的に破壊された。

小野山 節

美術

スーサの遺跡は前4千年紀からイスラム時代までの層を含み,彩文土器,金工品,石製彫刻,古銭,彩釉煉瓦など各時代の遺物を多数出土している。とりわけエラム時代とアケメネス朝時代の出土品,建築が数も多く重要である。前者はメソポタミア文化の影響を強く受けているが,ビチューメン(歴青),アラバスター,青銅の動物小像,彩釉煉瓦に見られる動物文などは,非イラン系の原住民エラム人の神話とのつながりが見られ,彼らの美意識が反映している。後者においては,メソポタミア文化の影響が,中庭を中心に周囲に部屋を配する構成の宮殿建築,宮殿の日乾煉瓦の壁表面を飾る彩釉煉瓦(獅子,グリフォン,牡牛など)にみられるが,石製の列柱や動物を背合せにした柱頭などイラン系の建築形式やアニマル・スタイルもみられる。また,ダレイオス1世の宮殿址から出土した同王の肖像彫刻はエジプトのファラオを模したもので,丸彫の少ないアケメネス朝の彫刻の中では異例のものである。

田辺 勝美