平凡社 世界大百科事典

オタリア

鰭脚(ききやく)目アシカ科の哺乳類。1属1種。吻(ふん)端が押しつぶされたようになり,他のアシカ科のものと異なる。雄は体長2.6m,体重400kg,雌2m,200kgに達する。体色は茶褐色からオレンジ色,ときに金色を呈する。南アメリカの太平洋,大西洋の両岸に分布し,太平洋岸はペルー中部以南,大西洋岸はウルグアイ以南に分布する。一年中沿岸域に生息し,沖合への回遊はない。繁殖期は12~1月で,授乳期間は6ヵ月~1年。繁殖期の雄は砂浜や小石,平たんな岩礁場になわばりを形成し,ハーレムを営む。1ハーレムに雌5~15頭が参加する。成熟年齢は雌4歳,雄7歳である。寿命は約20年。食性の幅は広く,カタクチイワシ,底生魚,イカ,ときにペンギンも捕食する。摂餌場は沿岸で,50mより浅い海域である。生息数は27万頭(1950-70調査)と推定。餌をめぐって人間との対立が古くからある。毛皮を目的に捕獲が行われている。

内藤 靖彦