平凡社 世界大百科事典

南赤道海流

南緯20°から北緯3°付近までを東から西に流れる海流。南東貿易風に起因すると考えられる。赤道反流に相当する東向きの海流が南緯3°以南に存在するという説もあり,もしそうならばこの反流の南を西流する部分のみが本来の南赤道海流であり,赤道上を流れるのは南・北赤道海流とは切り離された,単に赤道海流と呼ばれるべきものであることになるが,はっきりとは確認されていない。現在までに知られている南赤道海流の特色を以下に挙げる。

 赤道上では,南赤道海流の直下に東に流れる赤道潜流という強い海流が存在している。太平洋における南赤道海流は,北半球の夏季にニューギニア北方から北緯5°付近で北赤道海流とぶつかることがある。大西洋では南赤道海流の一部がブラジル東岸を北上し,カリブ海で北赤道海流と合流してフロリダ海流の源をなす。

宮田 元靖