平凡社 世界大百科事典

サウス・ジョージア[島]

南大西洋西部にあるイギリス領の島。面積3755km2。フォークランド諸島の東南東約1300kmの南緯54°15′,西経36°15′に位置し,その付属領域をなす。中央のパジット山(2915m)を中心に氷河が広がり,海岸にはフィヨルドが発達する。かつては捕鯨で栄え,中心集落グリュトビーケンGrytvikenの夏の人口は1000人を超えたが,現在の常住人口はキング・エドワード・ポイントの観測基地にいる22人(1980)のみである。1775年J.クックが上陸,当時のイギリス国王ジョージ3世の名を島に冠した。1982年のフォークランド紛争では,領有を主張するアルゼンチンが一時占領した。

長谷川 孝治