平凡社 世界大百科事典

サザーク

イギリス,大ロンドン都市圏の中央にある自治区。サウスワークともいい,地名はロンドンの〈南の要塞〉の意。1965年にバーマンジー,キャンバウェル,サザークの3区が合併して成立,人口22万9000(1993)。テムズ川南岸に位置し,発電所のほか印刷,機械,家具などの工場が立地する。旧サザーク区はローマ時代の軍営地に起源を有し,ロンドンへの道路が集中する交通中心であった。特に中世以降はロンドン橋南側の橋畔集落として発展,《カンタベリー物語》のタバード亭など多くの宿ができた。また1599年にはテムズ川沿いのバンクサイド地区にグローブ座が設立され,シェークスピア劇の上演で知られた。なお南部の旧キャンバウェル区は住宅街で,ダリッジ大学がある。

長谷川 孝治