平凡社 世界大百科事典

現代人

1836-66年にロシアのペテルブルグで刊行された雑誌。《同時代人》とも訳す。プーシキンが創刊し,彼の《大尉の娘》やゴーゴリの《鼻》などを掲載した。47年からネクラーソフとパナーエフが編集し,最晩年のベリンスキーが理論的指導に当たった。彼は評論《1847年のロシア文学概観》《雑誌“モスクワ人”への回答》で専制と農奴制を批判し,〈自然派〉を擁護,ゲルツェン,ツルゲーネフ,ゴンチャロフたちの作品を掲載した。ベリンスキー死後もトルストイの自伝的三部作,ツルゲーネフ《猟人日記》の大半が掲載されたが,56年チェルヌイシェフスキーが編集権を得,57年ドブロリューボフを迎えて〈功利主義〉的美学を掲げ,編集部内の自由主義的傾向の人々,〈純粋芸術〉派と対立した。主導権を握った2人はゴンチャロフの《オブローモフ》などの作品や評論を掲載するとともに,農奴解放をめぐる政論を多数執筆,共同体的土地所有,農民社会主義の理論を展開し,《現代人》は〈革命的民主主義〉の中核となり,ロンドンのゲルツェンの《祖国雑記》誌に引き継がれる。

松原 広志